ねこまたのまた~り日記

oshirineko.exblog.jp
ブログトップ

お天気が悪い

お天気が悪いとき、気分はいいか悪いかの両極端。
気分がいいときは「これじゃあお洗濯できないモンね」とベッドにカフェオレと
本を持ち込んで、雨の音を聞きつつ読書。
猫たちも側にまるくなって寝ている。
ああ、幸せ。

しかし今日はbadな日。何を考えても落ち込むばかり。
頭痛もひどいし、雨の音も陰気に聞こえる。
こんな日は何もする気になれない。
でもでもおしりの尿検査に行かなくては。
こういう時みんなどうやって気分を奮い立たせているんだろう・・・。


b0024623_12473360.jpg
[PR]
# by nekomata-ri | 2004-10-05 12:46 | その他

一番強いのは誰

この植木鉢でいつもお昼寝。b0024623_22224478.jpg           おしりは普段とても静か。
寝てばかりだしケンカを売られても
いい加減のところで逃げていく。
こしりもちぼりもおしりを耄碌ジジィと
思っているフシがある。
が、今日この家で誰が一番強いのかを
わからせる事件があった。

おしりはいつものように座布団の上で
まったりと寝ていた。
すぐ横でこしりがソファカバーにじゃれついて激しく猫キックをかましていた。
だんだんコーフンしてきたこしりの猫キックは何度かおしりの体を直撃。
そして何度目かのキックを受けた時、
やおらおしりが立ち上がった。
まだ興奮状態のこしりに向かってパンチ!
おしりをバカにしているこしりはすぐさま臨戦態勢に。
が、野良経験があって百戦練磨のおしりに、いくらヤンキーっぽくとも温室育ちのこしりが
かなうわけない。あっけなく決着はついた。
目をそらしてそそくさと逃げるこしり。
おしりはそんなこしりに目もくれず、何事もなかったかのようにお休みモードに。
うふふ、おしり様はまだまだ我が家の王者として君臨しているのだ。

         負けたけど寝相は偉そう
b0024623_2225411.jpgうれしい反面いつもは
穏やかなおしりが
いきなり切れた?のも
少し気になる。
特に具合が悪そうでは
ないのだけど・・・。

[PR]
# by nekomata-ri | 2004-10-03 22:35 | うちの猫

おしりのひそかな楽しみ

b0024623_15322645.jpg
最近おしりにはちょっとした楽しみがある。それは「秘密のお散歩」だ。

うちのマンションの私の階は2部屋だけで玄関扉は向い合っている。
おしりは時々玄関の外に出て、隣のうちとの間の通路のタイルの上でごろごろするのが好きだ。
半分だけ屋根のないその通路は風がふきこみ時間によってはお日様もあたってなかなかいいらしい。
そして隣のうちの玄関の前に座ってあけてくださいと鳴く。
テリトリを広げようとしているのか、自分ちのドアと間違えてるのかわからないが、私を振り返って「開けてくださいよう」という。
もちろんそんなことは出来ない、いや出来なかった。
                                高いトコ好き~

実は最近隣の人が引っ越して行ったのだが、おしりが開けてと催促した時
「閉まってるもん、ホラ」と取っ手に手をかけたら開いてしまったのだ。
たぶんこの後リフォーム業者&清掃業者がはいるため鍵をかけてないのだろう。
こっそりとあけるとガラーンとした部屋におしりは躊躇することなく入っていった。
フンフン鼻息をならして匂いをかぎながら時々私を振り返って
不安そうにあおーんと鳴く。
もしかして自分の部屋と思ったのに全く違う部屋でびっくりしちゃったの?
くまなく部屋を歩き回るおしりをいい加減なところで抱き上げてうちに戻った。

しかしおしり、このお散歩がいたく気に入ったようで、最近毎日外に出たがる。
私が外出から戻って玄関を開けるとささっと飛び出してくる。
b0024623_15315198.jpgそしてお隣のドアの前で「開けて下さいー」と鳴く。
まあほんの1週間くらいのことだからと時々この秘密のお散歩を楽しんでいる。
ここのマンションは誰かが退室すると壁紙も畳も総取替えするので、この後猫アレルギーの人が入っても心配はない。しかしまあ犯罪は犯罪か?



  眼の色が真ん中から緑になってきたちぼり
[PR]
# by nekomata-ri | 2004-10-02 15:53 | うちの猫

餌やりSさん復活!

b0024623_1423784.jpgばんざーい!\(▽`)(´▽)/
うちの前の家の猫にごはんをあげてる
Sさん復活されたらしい!
ご病気だったのか旅行にでも行かれていたのかしばらくお姿が見えず、ごはんをもらえないネコが右往左往していた1週間。
朝7時からご近所の目、同じマンションの住人、突然早朝にやってくる大家さんなどの目をくぐりぬけてごはんをあげる日々から開放されるぅ!

もちろん一番いいのは猫を片っ端から保護して里親さんを見つけることだ。
しかし人に全く慣れていないこの子たちを捕まえ、人に慣れるまでの期間
保護している場所がない。
まさか慣れてない猫でもいいという奇特な里親さんが見つかってから
保護するわけにもいくまい。病気の問題もあるし。
それが出来ない現在、せいぜい不妊手術をするくらいしかできない。
ごはんだけあげていれば栄養がよくなった猫たちはどんどん増える。
縄張り争いやごはん争奪戦で弱い子は苦しみながら死んでいくしかない。
それを考えるとやはり不妊手術は不可欠なのだ。
が、現在はいろいろな状況でそれもままならない。苦悩の日々。

[PR]
# by nekomata-ri | 2004-10-02 14:22 | 保護活動

尿崩症のお薬

今月から日記をこちらに変えてみます。
使い勝手が悪いようだったらまた戻るかも・・。

今日、保護猫のことで病院に行ったら、ちびおしりの尿崩症の薬が届いたとのこと。
2.5mlで¥13,000ほどするデスモプレシンという抗利尿ホルモン薬だ。
が、1回の点眼量はごくわずかそう(推定)。これなら1ヶ月もつだろう。ホッ。
しかし先生は人間用の説明書しかついていないこの薬の猫への適量が
わからないとおっしゃる。
人間用なので付属の量を量るノズルも細かい目盛がついていない。
よってちびおしりを入院させて、経過を観察しながら点眼してみるという。
うう・・・。そんな行き当たりばったりでいいのか。

病院から戻ってから、以前ふぃんふぃんさんに紹介していただいた
尿崩症の猫さんと暮らしている方のサイトを訪問、量を聞いてみる。
管理人さん、お体の具合がよくないのに即レスくださった。有難や~。
・・・で、量は・・1滴。つまり厳密に0.0●mlとかというふうに量らなくてもいいらしい。
薬を目薬の容器に移し替えて1滴点眼すればいいのだ。
それだったら簡単だ。目薬点すのは慣れている。
(しかし1滴いくらか・・と思うとやっぱりビビルかなあ・・・笑)。

それから中枢性尿崩症ならホルモン検査でわかるということを教えていただいた。
なぬ??もう薬を取り寄せてもらっちゃったじゃないの。
値段まで確認してから取り寄せるかどうか聞かれてお願いしますといったのに
今更ホルモン検査で中枢性尿崩症じゃないとわかっても「いらない」とは言えない。
ガチョーンだ。
その場合はいろいろ教えてくださったサイトの管理人さんに差し上げることにしよう。
し、しかし聞けば聞くほどうちの獣医さんダイジョーブなのか?と不安になる。

今朝は非常に寒かった。(日中は30℃越えたけど)
おしりとちびおしりが猫ベッドに一緒に入っていた。
やや、これは猫団子!?と思ったらちぼりがおしりをキックして追い出してしまった。
うー、うちではこの冬も仲良し猫団子は見られそうにない。


b0024623_20302433.jpgb0024623_20305294.jpg
[PR]
# by nekomata-ri | 2004-10-01 18:47 | うちの猫