ねこまたのまた~り日記

oshirineko.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

箱ねこ・・・

昨今流行らしい(だったらしい?)ハコネコ。
ネコにしてみれば普通のことで、特に流行りになるような
ことでもなかろうと思うんだけれど。

うちの一番の箱ネコはこのヒト。
b0024623_8243576.jpg


ナイスな箱に入っております。
注意書きの”TOP STOW ONLY”、”THIS WAY UP”、
”HANDLE WITH CARE” も ”STORE BELOW 25℃”も
その通りです。

しかし、一部間違った記載があります。
”OUT OF DIRECT SUNLIGHT”

ネコは陽をあびなくちゃね。

b0024623_8295722.jpg

[PR]
by nekomata-ri | 2008-12-23 09:34 | うちの猫

カイカイ迷走

b0024623_8173492.jpg


昨日、頼んでおいたZ/dと低分子プロテインのごはんを取りに病院へ。
ステロイドを処方してもらうためにおしりを連れて行こうかと思ったが
「いやいや、ごはんを全部試してだめだったらにしよう」と。

ごはんをもらい、真菌の検査の結果を聞く。
真菌ではなかったよ。
それからz/dは缶詰も1個お試しで購入。

AHTさんに「z/dは便がゆるくなるかも」と言われたんだけれども
おしりの場合、特に何がどうというのがなくても
いきなり下痢になったりするので、z/dのせいかどうか特定するのは
難しいかも・・・

と、思ってたんだけれども、z/d一本に切り替えたら見事下痢。
ゆるゆるというよりはビチビチになってしまったのでz/d中止。
低分子プロテインに切り替えたら下痢は治まった。
やっぱz/dだめか・・・。

んで、カイカイ。
全然治まらない。

かなり細かくじっとり観察してみると、
一番痒いのは肩のあたりの左右のイボあたり。
イボっていうか、これは背中の脂肪(肉芽種の疑いがあった)を
切除した縫い合わせの端っこ部分が盛り上がったもの。
そういえば最初はこのあたりだけを舐め噛みしていたんだった。
そしてそこを舐められないように洋服を着せたら、
それ以外の場所を舐め舐めカミカミしはじめて、体中傷とハゲだらけ。
体中にカイカイが広がったのかと思っていたけれども
元凶は肩部分なのかな。

もしそうだとすると原因はアレルギーではないのかなあ?
私も術後に傷跡がかゆくてたまらなかったけれど、
1週間くらいですぐに治まったんだけれども。
うーん・・・。
[PR]
by nekomata-ri | 2008-12-22 22:44 | 猫の便秘&アレルギー

酸化マグネシウム(便秘薬)にご注意!!

少し前、新聞にこのような記事が出た。
http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20081201/116283/

便秘薬である酸化マグネシウムを常用していたヒトが
高マグネシウム血症になって死亡したというもの。

ネコさんの便秘用に使っている方も多いのではないかと思う。
私も最近便秘がちのちぼりに使おうかと思っていたところだった。
術後に薬の影響か?便秘ぎみになってしまった時に
私自身が酸化マグネシウムを処方されて、これがけっこうよかったので。
ラキソベロンやプルゼニド(センノシド)などと違って全く痛みがなく
(これらの薬もお試し済み)、それでいて便がするすると出たので、
いいじゃん!と思って。
(もちろん個体差があるわけなので、皆がそうとは限りません)

私は常用するほどでもなかったのでいいんだけど、
ネコに使用するのは大丈夫なのだろうかと思って
昨日ニンゲンの病院に行ったついでに先生に聞いてみた。
(もちろん「ネコに使って大丈夫ですか」、とは聞いてませんヨ)

一般のヒトは全く問題ないということだった。
(もちろん常用している期間や量にもよるのだけれども)
問題なのは
 ・年寄り

 ・腎機能が低下しているヒト
   腎機能が低下していると、マグネシウムを排泄しきれなくて
   体に溜まってしまうらしい。

 ・心機能障害のヒト
   (これは詳しくはわかりませんでした)

 ・ビタミンD製剤を服用しているヒト
   ビタミンDはマグネシウムの吸収を高めるため

ということ。
また、牛乳(大量)やカルシウム製剤などと一緒に採るのもよくないらしい。

ネコさんは腎臓がニンゲンほど丈夫じゃないので、
常用するなら血液検査などを定期的にするとかしたほうがいいのかな。
今度は獣医さんにも聞いてみよう。

ボク、飲みたくないでしゅ
b0024623_10133959.jpg

[PR]
by nekomata-ri | 2008-12-18 10:13 | 猫の便秘&アレルギー

外来

b0024623_210976.jpg


今日はおしりの抗ヒスタミン剤が切れる日で
本当はおしりを病院に連れて行かなければならなかった。
もしステロイドに切り替えるとすると、おしりを連れて行って
血液検査をしてもらわなければならない。
ステロイド糖尿の経験のあるおしりは、ステロイドを服用するなら
こまめに血液検査をする必要がある。
前回の血液検査から半年以上空いてしまっているし、
ステロイド治療前の血液検査も当然必要になるだろうから。

んでも挫折・・・。
午前中の自分の通院で疲れてしまったことと、
雨が降ってとっても寒いってことと(おしりも鼻水をたらしてたし)、
午後からの診察は5時以降になるので、暗い雨の中
車を運転する自信がなかったから。
(最近眼鏡かけても遠くも近くも見えなくなってきてるんだよ~。
 遠近両用眼鏡を作らんといかんのかのぅ。
 老眼ってもっと年とってから出るもんだと思ってたんだけど)


というわけで自分の通院の話。
予約は9:00なんだけれども、満員電車に乗るのがイヤなので
朝6:30に家を出る。
(それでも電車はかなーり混んでます、とほほ。
 車でいければいいんだけれども、事故の多い早朝の道を
 都心まで車で行く自信は全くないわけで・・・ふはは)
7:30に病院到着。
病院の表玄関は7:30に開くことになっているわけだけど、
7:30ぴったりに到着すると既に何十人も待ってる・・(゜□゜;;
皆、もっと早い時間に裏口から潜入しているわけ。

着いたらすばやく採血の整理券を取る。
診察前に採血しなくちゃならんのだ。
前回は初めての外来で整理券があるのを知らず、
7:45くらいに札を取ったら既に70番だったわけで・・・。
今回は20番くらいか?と期待したけど、既に42番目ですた。
はぅぅぅ・・・。
採血の結果を待ってからの診察となるわけなので、
採血が遅れるとそれだけ待ち時間も長くなってしまう。

診察は一応9時からということになっているけれども、
働き者の先生方は既に8:30前から診察を始められている。
外来の前に入院患者さんの病室を回ってるわけだから
何時に病院に来てるの!?ってカンジ。
夜も9時の消灯ぎりぎりまで病室を回られてるし、
寝てる時間あるんだろうか、と心配になってしまうまダス。

やっぱり血液検査の結果がなかなか上がらなかったのか
受付番号は一番若かったのに、大分後回しになってしまった。
前回の診察の時は聞きたい事が半分も聞けずに終わってしまったので
(トシなので、すぐ忘れてしまうんだよ・・・)
今回は手帳に質問事項をきっちり書いて診察に臨む(大げさ)。
先生は、たぶん先生から見たら的はずれとかくだらないとか
そういう質問でも丁寧に答えてくれる。
よく「3分診療」とか言われるけれども、そんなことは全くない。
感謝感謝。

その後院内で薬を出してもらい(ほとんどのヒトは院外処方なんだけれども
私は薬の種類のこととかちょっと面倒なので、院内で出してもらってる。
というわけで薬はほとんど待たずに出してもらえる)、本日の外来終了。

あ、また血液検査の数値を貰うのを忘れてしまった。
「薬の影響が少し数値に出てます」というようなことを言われただけで
終わってしまっていて、後から数値を貰おうと思ってたのに。
おしりが大学病院に行った時、血液検査の数値は一度も
教えてもらえなくて、「怠慢~?」とか思ってたんだけれども
ニンゲンもそうであった。
っていうか、それが普通なのかな?
入院中もほぼ毎日採血されてたし、術前にもいろんな検査を
したけれども、結果報告とかはない。悪い結果が出なければ。

今日また薬の種類が増えてしまった。
飲む回数も量もいろいろで、覚えていられるか不安じゃ。
[PR]
by nekomata-ri | 2008-12-17 21:14 | ニンゲン闘病

抗ヒスタミン剤とアレルギー食

先週処方してもらった抗ヒスタミン剤のマレルミンF(フマル酸クレマスチン)、
全く効いてない・・・。
どころか食欲が激しくなってしまって、四六時中ごはんの催促。
うーん・・・。
やっぱりステロイドしかないのかなあ。

痒いのに(保護の為に)洋服を着せられていて掻けないから
とりあえず洋服のない部分を舐め噛みするようで
あちこちにアレルギーとは別と思われるハゲも出来てしまった。
とほほ。
気持ちを落ち着かせるレメディでも試してみたいところだけど
なんか今のおしりは何がアレルゲンかもよくわからないので
今ひとつ躊躇してしまう。

ごはんに関しては、サンプル品で
  ヒルズ z/d、 
  ロイヤルカナン(旧ウォルサム)低分子プロテイン、
  セレクトプロテイン(ダック&ライス、カペリン&タピオカ)    
の4種類全て食べてくれた。
(抗ヒスタミン剤による食欲亢進のおかげかもしれんが)

のでセレクトプロテインのカペリン&タピオカを注文してみたが
カイカイ状況は今ひとつ。
うーん、他のごはんに切り替えるか。
z/dと低分子プロテインは今注文中なので、それが来たら
まずはz/dのみに切り替えてみるつもり。
(先生のお話によると、他のアレルギーフードはダメだったけど
 z/dでよくなったという子が多いらしい)
z/dはこのごはんの中では一番おしりが気乗りしていないごはん
なのだけど(味もそうだけど、粒がとても小さくて、歯のないおしりは
口の端からごはんがポロポロこぼれてしまうのだ)背に腹はかえられん。


仲がいいのか悪いのか・・・
b0024623_10382439.jpg


さりげなく(?)おしりを踏んでるこちび
b0024623_1038453.jpg

[PR]
by nekomata-ri | 2008-12-14 18:49 | 猫の便秘&アレルギー

おしり、久々に病院へ

b0024623_12253136.jpg

おしり、術後の抜糸以来半年以上ぶりに病院へ。
日曜だったのでダンナの運転で、私がひざにおしりを抱っこして
(もちろんキャリーに入れてましたヨ)ご機嫌をとりながら。
おかげで車の中ではウンピはなし。
(病院の待合室と診察台では出してしまったけれど)

カイカイを先生に診て頂く。
舐めこわしたところがカサブタになって
さらにフケのかたまりが出来て、毛がごっそりと抜けて
ハゲになっている。
フケはなんだかキラキラと光ったりしてイヤーなかんじ。
あと、イボっぽいものが出来てるところもあって
(こちらも舐め壊して赤くただれてしまっている)、
さらにいや~んなカンジ。

アレルギーだとは思うけれども、その前に疥癬や真菌や肥満細胞腫の
可能性を否定しておかなければ治療は始められない。
外猫ではないので疥癬や真菌は考えにくかったけれども
ベランダガーデニングの土とかあるので念のため。

疥癬ではないよ、と先生が一目見て言うので、真菌の検査だけ。
こちらは培養に1週間ほどの時間がかかる。
肥満細胞腫も「違うでしょ」と。
ま、肥満細胞腫だったとしても、これだけあちこちに出没してると
手術は無理だし、こちらも結局はステロイド治療なので。
(ちなみに前回カイカイがひどかった時に言われたマラセチアは
 今回は大丈夫だった)

検査結果を待つ間に、まずはアレルギー用療法食と
抗ヒスタミン剤(マレルミンF錠)を試してみることになった。
以前にこちびが服用したことのあるペリアクチンは
食欲亢進&情緒不安定というか神経過敏というかになってしまって
おしりにはあんまり飲ませたくなかったので、
違う種類のものがあると聞いて試してみることにした。

アレルギー食は前にも試した事があるが高線維のものが多く
おしりの便秘が悪化するので断念していたけれども
今はもう大丈夫なのでいろいろ試してみることにした。
(こういう状況を考えると、巨大結腸症の手術をしたことはものすごく
 メリットがあったと言えると思う)

これでよくなるといいけど。
[PR]
by nekomata-ri | 2008-12-07 20:20 | 猫の便秘&アレルギー

入院こぼれ話 その1

b0024623_1115026.jpg
↑なんだかわかりますか?


猫さま介護の達人ならば、すぐにおわかりでしょう。
そう、輸液ポンプ。
静脈点滴の際に、液or薬の量を一定に保つために使用するアレ。

まさか自分が使うことになろうとは・・・。

おしりが入院中に使っていた時も、すぐにピーピーと
アラームがなっておりましたが(多くはチューブが折れて
液がスムーズに流れないとか、気泡がたまってしまったとかだった)、
ニンゲンの場合にもやたらめったらピーピー言っておりました。

ただ、ニンゲンの場合には一番多かったのがバッテリ切れ。
ニンゲンはベッドにじっとしているわけではなくて動きまわるもんだから
(ポンプは点滴棒に装着してある)すぐにバッテリが切れるわけで(だって
夜中充電しても2,30分しか持たなくて、しょっちゅうコードを抜き差ししてると
5分くらいでダメになっちゃうんだよ~)。
検査のために病室から検査室に行って、順番待ってる間に
ピーピー・・・。
ちょっと廊下で他の入院患者さんと立ち話してるとピーピー・・。
念のためにコード持参で歩き回るわけですが、電源がどこにでも
あるわけでなく。
術後は一時ポンプを2個使用していたので、苦労しました。
もちょっとなんとかならんもんかのぅ。
[PR]
by nekomata-ri | 2008-12-06 21:57 | ニンゲン闘病

おっしーのカイカイ

b0024623_10443480.jpg


おっしーは私が退院したら
いいウンコが出るようになってた。
ブラボーォォォ!!!

もちろん全面的にいいうんこじゃないけれど
回数も1日2,3回まで減ってるし
普通の固さのも3回に1回くらいは出るようになったし。

でも、カイカイがとてもひどくなってしまった。
体中ハゲだらけ、舐めたり噛んだりしたところは
血が出てひどい状態。

選択肢は・・・ステロイド・・・?
ステロイド糖尿を患ったおしりにステロイドは恐怖。
しかしアレルギーならこれ以外に方法がない・・(と思う)。
とある猫の獣医学の本に、飲み薬より注射のほうが
ステロイド糖尿になりやすいと書いてあったので
(確かにおしりは糖尿になったとき注射を使っていた)
飲み薬ならリスクは少しは下がるかも・・・。
または舐めないよう洋服を着せてるから塗り薬はどうかな?

あとは抗ヒスタミン剤・・・?
これもなぁ、こちびが精神的にちょっとヘンになってしまった
のを見てるのでちょっと怖い・・・。

でもとにかくなんとかしてあげないと
こんなに痒がってるのはかわいそうすぎる。

入院中、一時帰宅した時に
おしりとスキンシップ
b0024623_10452952.jpg

[PR]
by nekomata-ri | 2008-12-05 10:45 | 猫の便秘&アレルギー