ねこまたのまた~り日記

oshirineko.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

なんとか持ちこたえ・・・

あれからずっとほぼ一日おき(場合によっては二日続けて)に通院し、
なんとか浣腸せずに今年を越せそう。ホッ。
仕事はむちゃくちゃ忙しかったけれども、おしりの通院を優先させて
朝イチで病院、ウンピくんをすっきり出してからお仕事へ、
という2週間だった。

問題はこれから。
そう、病院がお正月休みに入ってしまうのじゃー・・・。
31日から3日まで4日間お休み。
4日・・・おしりにとっては浣腸決定の日数。
先生は「休みといっても家にいるからいつでも来てもらって
大丈夫だから」とやさしく言ってくれたけれども、
普段全然休んでない先生なので、こういう時くらいは
休んで頂きたい気持ちも強く。

ここのところのおしりの様子を見ると、
一度出してから次の便意が来るのが3日目で、
その時にはもう踏ん張っても出せない状態になってる。
だから便意がある前に病院に連れて行かなくちゃいけない。
それはつまり、もう自分の力では便が出せない状態であるということ。
病院で出すのだって恐怖心からであって
よい状態で便が出せているわけではない。
今年はもう本当に真剣に手術を考えないと・・・。


輸液の効果も最近はイマイチ。
おしりの場合、斜めに針を刺してもいつの間にか直角になってて
なんか痛そう・・。本人はとっても大人しくしてくれてます。
b0024623_152104.jpg

[PR]
by nekomata-ri | 2007-12-30 22:09 | 猫の便秘&アレルギー

一日おきの通院

b0024623_10495288.jpg

14日にあれだけのウンピを排出したおしりだけれども、
私はまだ不安だった。
ちょっとでも残ってる塊があれば、また同じことの繰り返し。
そうでなくても、中2日で詰まるここのところの状況であれば
排便の翌々日には病院で出してもらったほうがいい。

んで朝から病院へ。
先生のマッサージでぼっとん!と大きめのウンピくん。
まだ硬くはないが太めで、たぶん自力で出すのは
難しかっただろうと思われるブツ。
来てよかった。
出切ってなかったものなのか、中1日の間にたまったものなのか
それはわからなかったけれども
とにかくセーフ!

そして帰る途中、キャリーから出てしまったおしりは
車の中に大量のゲリウンピをしてくれたのであった。
ああ、防水カバーをかけてあってよかった・・・。

とりあえず便意がなくても当分は1日おきに病院に行くことにしよう。
そのうち自力でおうちで出してくれる時が来るといいのだけど。
ああ、今年の春にいきなり毎日きちんとウンピをしてくれるようになった
あの時の奇跡よ、再び!
[PR]
by nekomata-ri | 2007-12-16 19:34 | 猫の便秘&アレルギー

ウンピくんをさがせ!

今日が土曜日でよかったー!!
今日がお天気でよかったー!!!

昨日おしりがいっぱいいっぱいウンピくんでペイントしてくれた
ホカペカバーやこたつ布団カバーやブランケットや私の服や、
そういうものを洗濯できる!

全てのものを洗い終わって、ウンピ跡も消毒液で拭いて、
やれやれ・・・。

・・・・ん?
・・・・クンクンくんくん・・・・な、なんか・・・
匂う

匂いのもとをたどってみたら・・・
ぎゃー!!
押入れの中にもまた立派なウンピ君が隠れておった。
掃除した。

ふぅー・・・
・・・ん・・・?
ま、まだ匂うかも・・・??
ぎゃー!!ここにもっ!?
・・・という感じで一日中「ウンピくんをさがせ!」状態であった。
もうないことを祈ろう・・・。

に、匂いましゅよ・・クサ・・
b0024623_10291964.jpg

[PR]
by nekomata-ri | 2007-12-15 19:20 | 猫の便秘&アレルギー

GE再び

※タイトルのGEはグリセリン浣腸のことだす。
  あんまり浣腸浣腸言うのもナンなので・・。

ううっ、ヒドイ目にあいました・・
b0024623_104536.jpg

13日夜、再び踏ん張りだしたおしりだけれどもやっぱり出ず。
さすがにもう浣腸の効果はなくなってるだろうし
12日より溜まってる訳だから出るはずないよな・・。
そして今日、朝から何度もトイレに行くが出ず。
かなり苦しそうなので、もう浣腸するしかない。
先生は次の浣腸はできれば5,6日空けて、と言ってたけれども
(体への負担を考えて)、このまま待ってたら
浣腸したって出なくなるのは必至なわけで。

既に病院に行って自力(過敏性大腸炎による)排便は
無理とわかっているので、自宅で浣腸。
チューブはかなり奥までするすると入り
(つまり入り口の便はチューブを通さないほど腸いっぱいに
 詰まっているわけではないということ)、
液がすぐに漏れてこないようにおしりを仰向けにしてしばし待つ。
液が奥まで入っていないとここですぐに液が漏れてくるのだけれど
全くそういうこともなかったので、いい感じに入れられたと
思ったんだけれども・・・。

※あんまり長いので続きは読みたい人だけ読んで下さい

続きはココ
[PR]
by nekomata-ri | 2007-12-14 22:23

ついに浣腸もアウト

b0024623_9204193.jpg

9日に病院で摘便+自力排便で30cmくらい出したおしりだけれども
11日の夜にはもう踏ん張っても出なくなった。

12日の朝イチで病院へ。
ぶっとくてカチカチに固いのが入り口付近に詰まっていて
掻き出しも無理という。
な、なんで・・・。2日前に出したばかりなのに。
あの時まだ出切ってなかったのかな・・。

ということでまたしても浣腸することになった。
詰まってるっていっても2日分だからすぐ出るだろう・・・
という予想は大きく裏切られた。
1時間ほど(ウンピで)体中どろどろになりながら格闘するも
全く出ない!
入り口のカチカチ便がグリセリンで溶けるまでもう少し時間が
かかるだろうということで、とりあえず家に帰ることに。
以前も病院で出なくて家に帰ってから出たことがあるので
今回もそうなることを祈りながら。

しかし家に帰ってから全くふんばる気配なし。
反対に嘔吐嘔吐嘔吐・・・。
ふんばりながら嘔吐というのはわかるけれども
ふんばりの方は全然なしで。
嘔吐が止まらないので、
「もしや腸が破れたのでは・・!!!!?????」
とパニックになりながら病院に電話。

先生は
「お尻から粘液や血液のようなものが漏れているか?」
「粘膜部分(歯茎とか)が真っ白になってないか」
と言い、どちらの症状もないというと「じゃあ大丈夫でしょう」と。
(腸が破れるとショック症状で血の気がなくなるらしいです。)
電話をしている間に嘔吐も治まったので、しばらく様子を見ることに。

その後体調は回復して夕方にはご飯の催促もあったが
肝心のウンピは全くなし。ふんばりもなし。
うぐぐ・・。
[PR]
by nekomata-ri | 2007-12-12 20:56 | 猫の便秘&アレルギー

猫の森

最近はなるべく本屋に近づかないようにしている。
理由はズバリ、散財するから。

「お金を少ししか持っていかなければいいじゃない」
と思うかもしれない。
甘~い!
活字中毒者を舐めるなよ。
「お金がなければカードで買えばいいじゃない、オホホ」
 (マリー・アントワネット風に。もっとも現実にはこういう事は
  言わなかったって話ですが)
ってな感じなわけですヨ。

そんな自分に甘い人間であるので、どうしても欲しい本がある場合には
アマゾンとかでその本だけを検索して買うようにしているわけだが。

先日必要に迫られて本屋に行った。行ってしまった。
散財した。

だってさ、好きな作家のシリーズもので15年ぶりに
新刊が出てたんだよ。
もうこのままフェイドアウトしてしまうのかなーとあきらめてたのが!
文庫になるまで待てなかったんだよ。
だってさ、なんか絶対心に沁みそうな猫の本を見つけてしまったんだよ。
だってさ、すっげぇかわいい猫のコミックスが平積みになってたんだよ。
だってさ・・(延々と続く)・・・。

そんな中でぐっとこらえて買わなかったんだけれども、
キャットシッターの草分け的存在として有名な南里秀子さんの
「猫の森の猫たち」という本が出ているのを見た。
「猫の森」っていうのは下僕が世話できなくなった猫たちを
引き取ってお世話してくれる(ケージに閉じ込めるのじゃなく
普通の生活をさせてくれる)猫の施設みたいなもんで、
その存在は知っていたんだけれども、詳しいことは知らなかった。
(詳しくはココ

そんな施設作ったらあっという間に猫でぱんぱんにふくれあがっちゃう
んじゃないだろうかと疑問に思っていたら、
本をパラパラとめくってそのナゾがとけた。
会員になるのに5万円、さらに猫の引き取りは1匹最低200万。
猫の健康状態とか年齢でかなり違うらしいけど、
たとえば5歳の健康な猫なら後10年生きるとして430万円だって。
逆に年寄りでも病気だったら治療費が上乗せされるだろうから
結局はそれなりのお金になるんだろう。
・・・それじゃあ頼める人は少ないだろうなあ。
切実に近々頼みたいと思う人の多くは年寄りか重大な病気の人だろうし
病気の人だったら自分の治療費だけでも大変・・。
今時の年寄りなら年金をそれなりにもらってるかもしれないけど
私たちの世代はそんなに年金もらえるとも思えないし、
年取れば生命保険の金額も減っちゃうしなあ。
孫子がいる人は猫にだけ残すってわけにもいかんだろうし。

私も常々自分が死んだ後の猫たちのことを考えて悶々としている。
ニンゲンの命なんて、いつ何時消えてしまうものかわからないわけだから。
たとえば病気で死んじゃう・・って話だったらまだいい。
死ぬまでの間に里親さんを探す余裕はある。
(・・・とはいっても貰われる可能性は低いだろうなあ。)
不慮の事故で突然逝っちゃったら?
ダンナが仕事をしながら世話できるとは思えないし、
何か考えて形に残しておかないと、と思う。
思うだけで何も行動にうつせてないんだけれども。
猫の森も漠然とながら候補に入れてたんだけれども、
全員はとても無理そう・・。

すると
1.全員見送るまで絶対死なない。
2.馬車馬のように働いてお金をためる。
3.何かで一発あてて、印税or特許料を貰う。
4.大金持ちと再婚する。
5.タカラクジを当てる。

というような他力本願または確率の低~い話になるわけで。
このうち自力でなんとかなりそうなのは2だけ、
それなら本屋で散財するなー!って話ですね。

おあとがよろしいようで。(そうか?)

馬車馬のように働くのだニャ!
b0024623_12571234.jpg

[PR]
by nekomata-ri | 2007-12-10 22:03 | 猫全般

いけてない日々

b0024623_11533232.jpg

前回のUPからこっち、すこぶる調子の悪いおしりのウンピ状態。
週2ペースで病院へ行き、週1ペースで浣腸している。
うーん、ここのところmiawmiawの乳酸菌効果が薄れてきたみたいで
あれやこれやとフードジプシーしたのがかえっていけなかったのかな。

今までいろいろな薬やサプリやごはんや試してきたんだけれども、
やっぱり一番大事なのはごはんだと思う。
それも「出る」ごはん。
体にいいごはん、じゃなくて。
以前は体にいいからってプレミアムフードや手作り食やら
一生懸命あげてたけど、今はもう「出る」ならモンプチだって何だって
それが「いい」ごはんってことになった。
どんなに有機栽培で新鮮なごはんだって、それで詰まってたら全く意味ない。
  
問題は「出る」ごはんがずっと出るごはんでいてくれないってこと。
どうもずっと同じものをあげてると免疫(?)が出来てしまうようで。
私も片頭痛持ちなんだけれども、ずっと同じ種類の鎮痛剤では
効かなくなるので、何種類かローテを組んでる。それと同じかな?
私の鎮痛剤みたいに「出る」ごはんが何種類かあって
ローテを組めればいいんだろうけど、何種類もない・・・。

便がゆるくなるっていうサプリも試したけれども
(元々は免疫系統の強化のためのサプリ)、効いたのは初日だけだった。

こうなると「手術」っていう言葉が頭のなかをゆらゆらと・・・。
んでも、先日先生にこう言われたんだ。
「おしりちゃんの場合はやっぱり骨盤狭窄ですねぇ」

うーん、それは今まであちこちの病院で言われたんだけれども
それでもあんなにぶっといウンピが出るなら狭窄とまでは・・
と思っていたんだけれども。
でもそれじゃあ結腸亜全摘手術(結腸のほとんどを取っちゃう手術。)
ではあまり意味がないってことになる。
風船みたいに伸びちゃった腸を取れば治ると思ってたんだけど。
(手術がうまく行けば、の話だけど)

骨盤狭窄なら拡張プレートを入れる手術ということになる。
こっちは結腸亜全摘手術よりずっと大変そうだ。
こっちのほうが簡単という医者もいるらしいが、
この手術をした猫さんを数例ネットで見たところでは
入院期間もずっと長いようだ。
前に通っていた病院では「猫では、特に老猫ではプレートを
入れるのが難しい」と言われたし。

どうしたもんだか。
[PR]
by nekomata-ri | 2007-12-09 21:03 | 猫の便秘&アレルギー