ねこまたのまた~り日記

oshirineko.exblog.jp
ブログトップ

<   2004年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

こしり、あわや墜落事件!

最近非常に外に出たがるこしり嬢、
金曜の夜も外へ出せ!と激しくわめいていた。
外に出してもドアの前の通路でごろんごろんからだをこすり付けるだけなのだが、
こしりだけ放り出しておくわけにもいかない。
それにそのうちきっと階段の下に降りて行ったりしたがるだろう。
ここらでひとつ、外はこわいところだと刷り込まねばなるまい。

そう考えているところにダンナから帰るコール。駅について、これから家に向かうところ。
しめしめ、いいことを考えた。
外の廊下にいる時に階段を上がって迫ってくる足音が聞こえたら
ビックラこいて「お外はナニかが襲ってくるこわいところだ」と思うだろう。
ダンナが家に着くころを見計らってこしりを外に出した。
あや、おしりも一緒に出てしまった、まあいいか。
廊下でごろんごろんするこしりと隣の家のドアの前で「開けて下さい」というおしり。
私は外に出ずにドアを細めに開けて内側から様子を伺うことにした。

間もなくダンナが帰ってきて、階段をガンガン登ってくる足音が!
あわてふためくおしりとこしり。
おしりは一直線にこちらのドアに戻ってきて、ドアをガシガシひっかきながら
「開けてください開けて下さい!」と鼻先を開いてる隙間に突っ込んでくる。
ダンナがうちの階にたどり着いたころでドアを開けるとおしりがころがりこんできた。
こしりは?
ドアの後ろで尻尾をこれ以上ないくらい膨らませていたこしりは
ダンナが近づいてくると横っとびに吹っ飛んで、階段の手すりに飛び乗った。
落ちたら下の階までまっさかさまに落ちる!
それも階段の最下段部分に。とても無事ではいられないだろう。
あせる私を後目に猫の習性を知らないダンナは不用意にこしりに近づいていく。
しかも「こしり!ナニやってんの!?」と大声を出して!
さらに尻尾をふくらませ、細い手すりの上で後ずさりするこしり。
こっちも心臓バクバクだ。
「だめ!」と小声でダンナを制し、後ろにさがってもらう。
そして離れた場所から「こしりこしり」と静かに呼びかける。
私の声に気づいたのか、少しの間をおいて警戒を解いて近づいてきた。
手すりの上からそっと抱き上げる。ふぅーっ・・・。

こしり、こわかったね、ごめんよ~。私もこわかったよぅ。
こんなにびっくりするなんて思わなかったんだよ、だってお父さんだよ。
でもこれに懲りてもうお外に行こうなんて思わないよね。

・・・なんて考えは甘かった。
次の日にはしっかり「外へ出せ~!!」と鳴き喚くこしりなのだった、ガックシ。



ねこまたさんは時々ひどい事をします       自慢じゃないけど記憶力悪いのb0024623_23153923.jpgb0024623_23155494.jpg
[PR]
by nekomata-ri | 2004-10-31 23:23 | うちの猫

こしタンのおヒゲ&ちぼりの首輪

b0024623_15563421.jpgこれは「恐怖!化け猫の館」の写真ではない。
こしりの立派なオヒゲを写真に撮ろうと思ったらこんな風になってしまっただけ。

こしりはおヒゲが長い。
この写真ではわからないが、そのうち左側の1本は
先っぽがくるんと上にカールしたカイゼル髭だ。


この髭、保護したときからある。
つまり1年半ずっと抜けないでいるのだ。長さもだんだん伸びている。
一体猫のヒゲはどれくらいの周期で抜け替わるんだろうか。


b0024623_1654494.jpgb0024623_1553143.jpg

Mintmama!から頂いた首輪をしてるちぼり。おしゃれ?
ようやくサイズが合うようになったのでつけてみた。
普通の首輪とちがって薄いので違和感がないのか、つけても嫌がらない。
本当はかわいい鈴がついていたのだが、それは却下されたのではずした。とほほ。

検査のために尿崩症の薬を中断していたちぼり、月曜夜から再開したが効果が現れない。
毎日いっぱいお水を飲んで2時間ごとにじゃあじゃあおしっこ。
うぬぬぬ・・・・。どうしちゃったのだ。

[PR]
by nekomata-ri | 2004-10-29 16:06 | うちの猫

他人事じゃない

新潟の地震の方に世間の注目が集まって、台風23号の被害のことは
忘れ去られてしまった感がある。
しかしこちらも未だ死者が増え、水が引かない地域もある。
こちらの方への支援も少なくならないといいのだが。

兵庫の堤防決壊による水害ではペットショップ(兼ブリーダーだろうか?)の檻に
入れられていた犬100匹以上が溺死したという話を新聞で読んだ。
あっという間の浸水でどうにもならなかったのかもしれないが、
台風なら事前に最悪の事態は想定できなかったのかと悔やまれる。

新潟では地震後家に猫を連れに帰った女性が余震にあい、ビルが崩れて救急隊員に
助けられるというニュースを見た。
スーパーのレジ袋に詰め込まれたミケ猫は飼い主さんに抱っこされて安心した顔だった。
よかったよかった。

これらのニュースを見るとやはり後から連れに来るというのは非常に厳しいと実感。

↓こんなページを見つけた。
アナイス-動物と共に避難する
ペットのための防災
行政の対応や普段準備しておくものなど書いてある。

今回の新潟でも行政はいち早くペットの避難について公示を出したようだ。
しかし避難所にいる人たち、車の中で生活している人たちが
その情報を簡単に得ることが出来るのか。
普段から役所や地域の愛護団体に聞いてみるなど
情報を集めておいた方がいいかもしれない。
後は体を鍛えること!
何しろうちはあわせて15kgになるにゃんずと猫ごはんをかかえて
避難しなくてはいけないのだ。


これはご近所のミケ
b0024623_14584767.jpg

[PR]
by nekomata-ri | 2004-10-29 15:01 | 猫全般

ワイヤーバード!

遅ればせながらワイヤーバードなるものを買った。
名前の通りワイヤーの先にぬいぐるみの鳥がついているもの。
ワイヤーをひょんひょん振ると、傷ついた小鳥が羽ばたきしているかのようだ。
パタパタカサカサと羽のような音がするのもよろしい。

うちの3にゃんはなかなか世間でいいと言われるオモチャに反応してくれない。
が、これには3にゃんとも飛びついた!
特におしり。珍しくやる気満々ムードでヒゲを前に向け口吻をふくらませ鳥に飛びつく。
うう、いい感じ。
が、おしりは狩りがうまくだいたい一撃で鳥を捕まえてしまう。
その後決して鳥を放してくれない。
普通猫はオモチャが動かなくなると一旦手を離すものだが・・・。
鳥が破壊されてしまう前にお返しいただく。

こしりはなかなかうまく鳥をキャッチ出来ず、おもしろいようにジャンプして飛び回る。
ちぼりも獲物が大きくてなかなか捕まえられない。

ひゃあひゃあ言いながら走り回る猫たちを見てニンマリの私。
b0024623_20295036.jpg

[PR]
by nekomata-ri | 2004-10-28 20:31 | うちの猫

今ひとつはっきりしない

ちぼりを朝9時前に病院に連れて行く。
引き取りは6時以降ということ。
何かあったらどうしようといてもたってもいられなかったが、
携帯番号も言ってあるので何かあったら連絡がくるはずと気持ちを落ち着かせる。
6時になって急いで病院へ。
ちぼタンは元気だった!よかった。
が、両手、首と採血の跡があり、満身創痍といったところ。

断水試験の結果は思わしくなかった。
中枢性尿崩症なら水を飲むのをやめてもおしっこが作られ続けるので
尿比重が上がることはないはず。
が、ちぼりの場合、比重は1.009→1.012→1.022と途中までは上がったものの、
その後は何度計っても1.022のまま。
全く抗利尿ホルモンが出ていないなら、比重はあがることがないはず。
しかし正常にホルモンが分泌されているなら1.022で止まったまま上がらないというのも
おかしい。
薬が効いていたことを考えても中枢性尿崩症であることは間違いない。
よって抗利尿ホルモンはある程度出ているが、量が少ないのではないかということ。
はっきりしないのでホルモン検査をして欲しかったが、血液があまり採れなかったので
この検査は見送ったとのこと。む~ん。

他に血液検査でALP値が287(正常値14~192)、カルシウム値が15.1mg/dl
(正常値9~12mg/dl)だった。
ホルモンのせいか、腫瘍のせいか・・・。
ホルモン検査の結果とこれら血液検査の結果とを複合したら結果は見えてくるのだろうか。

ちぼりは生後1ヶ月、3ヶ月、5ヶ月(今回)と今まで3回血液検査をしているが、
BUNが20→25→30と次第に上がってきている。
今の病院ではBUNの正常値は33までだが、前の病院では30までだった。
そうすると正常値ぎりぎりということになる。
ここの病院はBUNが正常値を超えないとCreは計ってもらえない。
しかし、この数値、気になる・・・。

ホルモン検査は、甲状腺ホルモン、副腎皮質ホルモンの他、上皮小体機能亢進症の疑いも
あるということで副甲状腺ホルモンの検査もすることになった。
ホルモン検査は外注なのでその結果まち、金額もその時にならないとわからないとのことで
今回はレントゲン、尿検査、血液検査、処置料のみで¥19,500。
少なくとも検査費用として後2万はかかるだろう。

もうどんな病気でもいい、お金をかければ治る(維持できる)ならいくらでも払う。
だからお願い、ちぼり、長生きしておくれ・・・。
b0024623_20471293.jpg

[PR]
by nekomata-ri | 2004-10-25 20:54 | うちの猫

絶対に離れない

いよいよ明日はちぼりの検査入院。
20日(水)午後より検査に備えて尿崩症の薬をやめている。
とたんにがぶがぶ水を飲み、おしっこを2時間ごとにじゃーじゃーするちぼり。
こうしてみるとやっぱり薬は確実に効いていたのかなあ。
お水を飲んだりトイレに行ったりするのが忙しそうで、これでかなり体力を消耗
しているのではないかと思う。
早く検査が終わってきちんとしたお薬を処方してもらえればいいのだけど。

新潟ですごい地震があった。
状況がわかるにつれてどんどん被害者数も増えているようだ。
猫や犬と暮らしている人にとって、災害はたいへんな問題だ。
避難所につれていけるのか、その後どうしたらいいのか。
今では災害後1,2日もすればペットのための避難所が設けられ、
たくさんの愛護団体の人たちが現地にかけつけてくれるようだ。
レスキュー隊員に助けられる人たちをうつしているニュースでも
犬と一緒に避難している人をたくさん見かける。
(もちろん不快に思っている人もいるだろうが)
他の人に気兼ねして家に置いていっても後からそこに帰れる保障がない。
地震の場合は特に火事や倒壊など危険がつきまとう。
そんなところに猫をおいていけない。
避難所を追い出されたらそれまでだ。猫と一緒に避難所の外にテントでも張って
そこにいよう。
死ぬときは一緒だよ、おしり、こしり、ちびおしり。
(っつうか、猫だけ生き残ったりして・・・笑)


デブ・・・
b0024623_19512341.jpg

[PR]
by nekomata-ri | 2004-10-24 19:52 | うちの猫

猫だんご完成?

介護認定を受け、ヘルパーさんが入って一段落ついたと思われた実家だが、
またいろいろ問題が起きてきて定期的に通わねばならなくなりそうだ。
自分の体もつらい状態であると言っても皆わかってくれない。
ましてや猫の具合が悪いなんて言っても「それが何か?」状態(苦笑)。
うーん、もう私も限界なんだが・・・。


ついに猫団子完成か!?
b0024623_21585316.jpg


しかし・・「ぐ、ぐるじぃ・・」
b0024623_2204758.jpg


僕はカメと団子になる
b0024623_2214727.jpg

[PR]
by nekomata-ri | 2004-10-23 22:12 | うちの猫

早くすっきりしたい!

一度捕まえたら2度と離さない
b0024623_19405864.jpg帯状疱疹、大分よくなってきたが
痒くてたまらない。
今日病院に行った時に
抗ヒスタミン剤を処方してもらった。
もうこれで通院は終わりかと思っていたが、
患部を虫眼鏡で見た医者は
「来週また来てください」と言う。
まだ完治まではもう少しかかるようだ。

ちぼりのホルモン検査は結局「副腎皮質ホルモン」
だけでなく、「甲状腺ホルモン(T4のみ)」と
「抗利尿ホルモン」もついでに調べるようだ。
確かに多飲多食は甲状腺機能亢進症の疑いもあるわけだが・・。
これだけ調べるとなるとかなりの量の血液が必要になる。
ちぼりは足が極端に細いので首からの採血。取れるかどうかぎりぎりのラインと言われた。
血液量が足りなければ抗利尿ホルモンの検査は行なわない(断水試験もするため)
ということになった。
b0024623_19463624.jpg副腎皮質ホルモンの検査はかなり面倒で、採血したり薬品を注射したりまた採血したり、それを時間を計って正確にしないといけない。また興奮していたりストレスが強い状態では正確な値が出ないとも。
未だ一度もこの検査をしたことがないらしい病院でしてもらうのは心配ではある。それに1日に何度も採血や膀胱穿刺を繰り返さなければならないというのが・・・。

おしりは最近寝てばかり。
ごはんを食べてトイレに行って、後は人間用ベッドで一日ぐうすか寝ている。
寝顔がリラックスして気持ちよさそうなので体調が悪いわけではないようだ。
外の自由な世界からこんな狭い部屋に閉じ込めて(こうるさい同居猫もいて)
おしりのためにどうなのかと思うこともあるが、安心しきって寝ている姿を見ると
これでよかったのかなと思う。野良猫ならこんなふうに寝てなんかいられないはずだから。
おしりは若いときは自由に外で暮らし、今は暖かい部屋の中でゆっくり隠居生活。
もしかしてすごく幸せな猫生かしらん?

なんて書いてたらおしり、突如としてこしりとちぼりと3にゃんで戦闘ごっこを開始。
所狭しと走り回っている!こんなの初めて見た。
なんと!おしりが滑空した!ベッドからソファへテーブルへと飛んでいる!
そんなことできたのね~。後で筋肉痛(おしりに筋肉というものが残っているならば)に
なるんじゃないの~?

最近ちぼりにかかりっきりのせいか、こしりの欲求不満度が増している。
なんだかずっと鳴いている。
しようがないので肩抱っこして部屋のなかを歩き回っている。
しかし帯状疱疹のところを足がかりにされると非常に痛いのだ~。
こしり相手におもちゃで遊ぼうとしても必ずちぼりが邪魔に入るし、そうするとこしりは
遊ぶのをやめてしまう。そしてストレスがさらにたまるらしい。
かくて私は両手に2個のねこじゃらしを持ってそれぞれの猫相手に猫じゃらしを振り回す。
これ、けっこう疲れる。
君達~、私にはね、今「安静」が必要なんだよ~~。


これって猫だんごになる?
b0024623_19523945.jpg

[PR]
by nekomata-ri | 2004-10-22 19:40 | うちの猫

ちぼり 副腎皮質機能亢進症の疑い

とりあえず尿崩症確定のお墨付き?をもらったちぼりであるが、
先生は新たに次のようなことを言い出した。
「この子、もしかしたら副腎皮質機能亢進症もあるかもしれないなあ」。
ええっ??
確かちぼりの多飲多尿について調べているときにその病気についても先生に
訊ねた事があったはずだ。
その可能性は低いと言われたような記憶があるが・・・。

副腎皮質機能亢進症とは文字通り副腎皮質ホルモンが異常に分泌される病気。
症状としては、多飲多食、腹部の膨満、体の左右対称の脱毛、体にくらべて
四肢が細く、特に下肢に筋力がなくなり運動能力が衰えるなど。
左右対称の脱毛は見受けられないが、それ以外は全部あてはまる。
原因は副腎の腫瘍、脳下垂体の異常、他の病気の治療によるステロイドの大量投与など。
ちぼりはステロイドを投与しているわけではないし、まだ仔猫だから、
考えられるのはやはり脳下垂体の異常か。
それが原因ならこれまた一生副腎皮質ホルモンを抑えるための薬を飲むのだ。
こちらの病気は水さえ飲めば直接的な害のない(と思われる)尿崩症とはちがい
猫では糖尿病を併発することが多い、突然死も多く長生きできないと書いてある。
うう、どうかこの病気ではありませんように!!!

またまた来週月曜検査のための半日入院とあいなった。
ついでに尿崩症の断水検査もするという。
(水を飲ませずに尿比重があがるかどうかで尿崩症かどうかを検査するもの)
しかし副腎皮質機能亢進症の子は極端にストレスに弱いと書いてあった。
断水検査は時に激しいショック症状を伴うこともあるという。
心配だ心配だ・・・。

b0024623_2212369.jpg

[PR]
by nekomata-ri | 2004-10-20 22:00 | うちの猫

ちぼりの尿崩症検査 その2

13日から毎日2回投薬し、おしっこを採って検査してもらいに行くという日が始まった。
夜寝る前11:00に投薬し、朝イチのおしっこを持っていく。
(夜中にしてしまってる場合もあったが)
1.040まで行く日もあったし1.018くらいにしかならないこともあった。
投薬してから時間がたった尿を採っているからか。
ねこごさんのアドバイスにより、投薬直後から12時間に渡って採れた尿を
全部検査してもらうことにした。

自分の通院との兼ね合いもあり、朝11:00に投薬、その後2日に渡って
しっこストーカー開始。
その結果次のようなことがわかった。(2日だけなので正確かどうかは疑問だが)
  1.薬の量が1滴では少ない。ちぼりには1回に2滴必要。
  2.投薬直後は正常値まであがるものの、その後ゆるやかに下降していき
    6,7時間後には正常値を下回る。(1.010近くまで落ちるのは10時間後くらい)
  3.薬の効果が切れる前に次の投薬をすると次回の持続時間が長くなる。

つまりちぼりはねこごさんのみにんちゃんより薬の量を多くして
なおかつ7,8時間ごとに投薬しないと持続的な効果が得られないということだ。
もしも本当に薬が効いているのであるとすれば。
確かに投薬を始めてから飲水量が減ったと思う。そして薬が切れ始めると
加速度的に飲水量、尿の回数ともに増えて行く。
それに投薬していなかったころは1.022が最高の比重値で、正常値になることはなかった。
先生は「尿崩症は確定」だと言った。

何となくすっきりしないものが残るものの、飲水量・尿量・尿比重を見ながら
薬を調整していくということになった。
毎回検査にくるのは大変なので、検査キットを買う。100枚セットで¥13,000。
比重、pH、糖など10種類の検査が出来るもの。
比重は0.005単位なのでそれほど正確ではないが、だいたいの目安になるだろう。

b0024623_22101596.jpg

[PR]
by nekomata-ri | 2004-10-20 21:24 | うちの猫