ねこまたのまた~り日記

oshirineko.exblog.jp
ブログトップ

自分で人生を終わらせるということ

以前お世話になった方が亡くなった。
自らの命を絶つという形で。

今はもう交流もない人だったけれども、
それでもその衝撃は自分自身が
ブレブレになってしまってしまうほど大きかった。

どうして?どうして?どうして?

いつも明るくて世話好きで頼りになる人だった。
世を儚んで命を絶つようなタイプの人ではない。
たぶん、死にたくなかったのに死ななければならなかったのだ。
誰かに迷惑をかけないために(?)。
それがとても悲しい。

それほど近しい存在でもなく、むしろ外野に近い私が
いろいろ考えてもしかたない。
それでも気づくとそのことばかり考えている。
考えたくないのにやめられない。

よく聞くことば。
「死んだら負けだ!」(人生って何かとの闘いなんですか?)
「死ぬつもりなら何でもできる」(何もできなかったからそうなるわけで・・)
「生きたくてもできない人もいるのに」(全く関係ない人のこと言われても・・)
あらゆる意味において見当違いも甚だしい。
他人が、ましてや事情も知らない身内でも何でもない者が、
「自死」というものを身近に感じた事などない者が、
とやかく言えるわけがない。
その人が生きている間に何も出来なかった者が何を言える?

それだけの理由があったのだと思う。
今はもう苦しみから解放されて安らかなのだと思う。

それでも。

それでも・・・。
[PR]
by nekomata-ri | 2007-05-28 11:10 | その他