ねこまたのまた~り日記

oshirineko.exblog.jp
ブログトップ

手術するべきか?

ヒドイ目にあいました・・・
b0024623_9582988.jpg


危ういながらもどうにか落っこちずに低空飛行を続けてた
おしりのウンピ生活だけれども、
3月にはいって非常にいけなくなってきた。

原因は・・・春だから。
食物アレルギー以外にもたくさんの植物やら菌やらに
アレルギーのあるおしり、この季節になるとどうしても
カイカイが出てくる。
四六時中体中を噛み舐めする。
それでなくても換毛期であるからある程度の毛は飲み込んで
しまうのに、それ以上にたくさんの毛を飲み込んでしまう。
ウンピが毛だらけになる。→詰まる。
もちろんブラッシングは毎朝毎晩かなり時間をかけてやっている。
それでも全然追いつかない。

カイカイを止めるためにステロイドをぽっちり使うという選択肢は
すでにない。
ステロイドで(もしくはそれが引き金となって)糖尿になってしまった
おしりであるから、ほんのちょっとのステロイドでも再発する
可能性は高い。こわくて出来ない。

3月最終週になって、ついににっちもさっちもいかなくなった。
それまで毎日少しずつ(1,2粒ずつ)は出していたのだけれど、
ふんばってもふんばってもどうしても出なくなった。
(おしりの場合、毎日10cm以上の便が出ないとダメなので
 2,3cmのウンピが出ただけではお腹のなかでウンピは
 どんどん蓄積されていっているわけで)

ラキソベロンを4滴に増やしてみたが、直後に嘔吐。
(おしりはラキソベロンの量が多いと吐いてしまうのだ)
摘便するも便に手が届かない。
どうやらかなり奥のほうで詰まってしまっているようだ。
浣腸してみたが、どんなにふんばっても出ず。
嘔吐ばかりでどんどん体力を消耗してしまった。

あわてて本日(3月30日)病院へ。
浣腸してもらい、ケージに入れられる。
が、踏ん張っても汁だけで本体全く出ず。
嘔吐ばかり繰り返す。
先生に指を突っ込んでもらったがやっぱり奥の方で
ひっかかっていて指が届かない。

しばらくして再度浣腸。&温めない皮下輸液100ml。
それでも出ない。また嘔吐、嘔吐、嘔吐・・・。
疲れきったおしりは自分のした汁ウンピの上に座り込んでしまう。
ふんばる気力もだんだん萎えてきているみたい。
本当に出るんだろうか。もう開腹してウンピを取り出さないと
ダメなんじゃないか。
絶望的な気持ちになった頃、ようやく塊りがいくつかズボっと出た。

直径4cm以上あるんじゃないか!?と思われるような
ものすごいブツだった。
これでも浣腸で周りが削られてようやく出るサイズになったのだ。
浣腸前はどれくらいの太さだったんだろう・・・。

んでもこれで終わりじゃなかった。
まだまだおしりは踏ん張る。出ない。踏ん張る。出ない。ゲロ。
そういうことを繰り返した後、またもう少し塊りがでた。
これで終わりかな?でもいつもなら最後は柔らかくて
長くつながったウンピがにょろにょろーっと出るはずなんだけど。
そう思ったらやっぱりまた踏ん張りだした。でも出ない。

先生に頼んでお腹にあとどれくらい溜まってるか触ってもらった。
手術台の上に乗せられ(入院室にはワンコがいっぱいいたので
おしりのケージは手術室においてもらってたから)、
先生にお腹を触られたおしりは恐怖で最後のウンピを思いっきり
噴射した。
先生も私もウンコまみれになった。先生、すんまそん。
でも出たよ、出たよぅ、よかったよぅ(涙)。
2時間にも及ぶ死闘であった。

その後ウンピまみれのおしりを洗い、タオルドライしながら
先生に質問。
「巨大結腸症の手術(結腸亜全摘手術)した方がよいでしょうか・・・」
先生は時期的なものであれば、とりあえずこの春を乗り切ったら
またよくなるんじゃないかな・・と
手術には消極的なようだった。

んでもおしりの場合、春と秋に詰まりのピークがあるわけで、
そのたびにこういうことを繰り返していると、どんどん腸が
伸びていくわけで(それでなくても普段だってスムースに出てる訳でなし)、
もうどうしようもなくなった時に手術に耐えられない体になってたら?

巨大結腸症は治らない。
治らないだけじゃなくて次第次第に悪くなっていく病気だ。
こんなに苦しいことをおしりは死ぬまで続けなくちゃいけないのか。
そう思うと本当につらい。
しかしこの手術、リスクが高いのも事実。
どうしたものか・・・。
[PR]
by nekomata-ri | 2007-03-30 22:44 | 猫の便秘&アレルギー