ねこまたのまた~り日記

oshirineko.exblog.jp
ブログトップ

あっという間に2ヶ月・・

まだ顔のおケケがしょぼくて痩せてみえまする↓
b0024623_12174288.jpg


とほほ、ちょっとボケっとしている間に2ヶ月近くたってしまいました。
おしりは元気です。他の子たちも全員元気です。

とりあえずおしりの糖尿病の経過を。
(といっても昨日おしりにあげた猫缶の種類すら思い出すのに
 苦労する私であるので、簡単なメモは取ってあるとはいえ、
 正確な記録とは程遠いものだけど・・)

あまりにも長くなるので経過はこちら↓に。



・11月30日
  夜よりランタスを2単位に減らす。

・12月3日  
  血糖値を下げるのにバナジウムがいいらしい。
  バナジルというサプリを飲ませてみることにして
  ずっと前に注文していたものがようやく届いた。
  (在庫切れで3週間もかかったヨ)
  今この時から使い始めるのもなぁ・・・
  と思ったが、血糖値が正常な動物の血糖値をさらに
  下げてしまうことはないらしいので、これによってさらに
  低血糖になるということはないかなとちょっと試してみることに。  
  (インスリンとの併用ではどうなるのかはわからなかったけど)  
  先生に適量を計算していただくと、1日約1/8カプセル。
  (おしりの体重に対しての量です)
  カプセルに入った粉を1/8に正確に分けるのは無理なので 
  そこは適当に・・(笑)。
  インスリンも使ってるわけなので少なめになるようにはしたけど。

  低血糖がこわいので本日より輸液を中止。

・12月7日  
  インスリン2単位に減らしてから1週間目のモニタリング。
        3時間後 →  88
        6時間後 →  99
        9時間後 → 105
       12時間後 →  87
 
  先生は良好です!なんていうけど100を切ってるというのはちょっとこわい。  
  だいたいインスリンが切れて血糖値があがってくるはずの12時間後に
  逆に下がってるというのは、すでにインスリンは必要なくなってる
  ということではないのかなあ??
  私としてはもう止めてもいいんじゃないか?という気持ちだったけど
  先生は「も少しランゲルハンス島さんを休ませてあげましょうよ~」と。
  
・12月12日  
  ここのところごはんの催促がなく、食べてもすぐゲロることが多い。
  また低血糖気味なのかも。
  それとユカヌバの血糖アシストもイマイチかなと・・。
  このフードを食べた後必ずゲロる感じ。
  首の後ろから肩にかけてのカイカイも再発してしまった。
  何かおしりに合わないものが入ってるっぽい。どうしたものか。
  
  ちょっと早めだけど2週間目のモニタリング。
  3時間半後→104   9時間半後→102  13時間後→96   

  うーん、ビミョー・・・。
  でもランタスを1単位に減らしてみることにした。
  ごはんもウォルサムの糖コントロールに変更することに。
  このごはんは便が詰まる可能性が高いのだけどしかたない。
  
・12月17日  
  ランタス1単位に減らしてから5日目のモニタリング。
  pre-shot(15時間後)→89  3時間後→87  9時間後→89

  権威先生によるとこれくらいの数値で維持するのがベストって
  ことらしい・・・。(普通200前後の数値で維持する病院が多いと思うけど)
  マジで低血糖にならないと止められないらしい。
  
・12月20日~
  この頃からインスリン注射を異常にいやがるようになる。
  ごはん時になってもこたつから出てこない、外にいてもこたつに
  逃げ込んでしまう。
  打ったら気分が悪くなるんだろう、ということはやっぱり低血糖
  になってるんじゃないのだろうか。

・12月24日
  朝起きたらおしりがいきなりびっこをひいていた。右後肢。
  足先を触ってもなんともないが、太ももから付け根にかけてを
  触ると「ぎゃっ」という。
  あわてて病院へ。
  骨が折れてるわけでもなく、脱臼でもなく、理由わからず。
  (肢のことはまた改めてまとめて書きます)

  そして、ついでに測ってもらった血糖値で47という数字が出て
  ついについにインスリンを中止することになった!
  やっぱりあんなにインスリンを嫌がってたのは低血糖になってた
  からだったんだなあ。

  中止してから2週間くらいは今まで打ってたインスリンの効き目が
  残ってるかもしれないので、2週間後にまたGLUとFRAを測ることに。
  念のためにバナジルのサプリは続けることにした。
  権威先生によると、バナジウムやクロミウムは初期にはある程度の
  効果があるが、次第に効き目がなくなっていくらしいので
  続けることに意味があるのかわからなかったが、まあ気休めってことで。  

  このまま離脱できますように、できますように!
  
 
1月7日
FRA(フルクトサミン)測定のため病院へ。
  GLUは確か104くらい・・・だったかな・・・忘れた。
  FRAは後日連絡があって、こっちも検査結果用紙が見つからず、
  240くらいだったような・・・。
  180-340が基準値なので過去2週間の血糖値は正常範囲内ってことで。
  これで正式に緩解ってことで・・・といわれたけれども
  大事をとって2週間後にもう一度測定してもらうことに。

1月20日
  インスリン中止後約1ヶ月のFRA測定。
  数値は210(基準180-340)。
  これで正式に緩解!
  もちろん完治ではないわけなので、ここで気持ちをゆるめずに
  食事に気をつけること(糖コントはやっぱり激しく詰まったので
  糖尿フードは断念した)、減量すること、定期的に検査を受けること
  は必須事項。

  長い長い11週間だった。 
[PR]
by nekomata-ri | 2007-01-27 10:27 | 糖尿