ねこまたのまた~り日記

oshirineko.exblog.jp
ブログトップ

帯状疱疹

最初、背中にぽつりとひとつ赤い斑点ができた。すこぶるかゆい。
蚊かダニにさされたのかな~?くらいに思っていたら、次の日にもうひとつ。
うぬ、ベッドにダニでも住み着いてるのか?
ベッドパッドを干し、マットも日に当てた。
が、背中の斑点はどんどん増えていき、ついには右胸の下にもできた。
かゆいので掻いていたら、ひとつの斑点のなかにたくさんの水疱が!
ここに来てようやくただの虫さされではないらしいと気づいた。
しかし気づいたのは土曜(9日)の夜、しかも連休で月曜も病院は休みだった。
次第に患部は痛みを伴うようになってきて気分は最悪だった。

火曜日(12日)、検査入院のちぼりを病院に預けてから皮膚科へ。
患部を一目見るなり先生は「これはひどいなー。帯状疱疹ですね。」と。
帯状疱疹。皇太子妃雅子さまがなられたという病気というのは知っていたが
病気については全く知らなかった。
これは水ぼうそうに罹ったことのある人の神経にウイルス(ヘルペスウイルス)が
残っていて、それが疲れたりストレスがたまったりした時に暴れだすものらしい。
神経がやられるので痛みが出るのだそうだ。
人によって症状の重さはさまざまで、3,4日でおさまっていく人もいれば
何ヶ月も苦しむ人もいるらしい。
ひどい場合は神経に後遺症が残ってずっと痛みが続くことになるそうだ。
普通の人にうつることはないが、水ぼうそうに罹ったことのない人に
水疱の汁がつくと水ぼうそうになるらしい。
え?私待合室で幼児の隣に座ってたけど大丈夫か?
(服も着てたし、まだ水疱が破れるような時期でもなかったから大丈夫と思うが)

「とにかく安静に。充分休養を取って、ストレスがかからないように」と言われ
ウイルス用の薬をもらった。
その時は痛みはまだそれほどでもなかったので痛み止めなどはもらわなかった。
がが!それが大失敗だった。
その日の夜から激しい痛みが襲ってきて眠れなくなった。
冷やすとよけいに痛むと言われたのでカイロを抱いて寝てみたが効果なし。
これじゃあ安静どころの話ではない。
薬を飲んだらだいたい3日くらいで治まってくると言われたのでとりあえずは我慢。
しかし痛みは次第にひどくなり、金曜日に痛み止めを出してもらう。
神経を保護するためのステロイド剤も。
ウイルス用の薬がようやく効いたのか、痛み止めのおかげか、ようやく金曜の夜頃から
落ち着いてきた。
相変わらず微熱とだるさは続いていたが、夜きちんと眠れるようになったのは大きかった!

そこからだんだんと症状も回復に向かい、今は痛いより痒い方が大きい。
水疱もカサブタになりつつある。
が、やはり痛み止めがないと痛みがぶりかえしてくる。

久しぶりに薬漬けの生活を味わった。
何しろウイルス用の薬は1日5回も飲まなければなならい。4時間ごとだ。
その上にステロイドは朝のみ3錠、痛み止めと胃薬は1日3回1錠(包)と
パターンが違うので、面倒なことこの上ない。
薬を飲むのだけで疲れてストレスになるような感じ(笑)。
b0024623_22161935.jpg

[PR]
by nekomata-ri | 2004-10-19 08:41 | その他