ねこまたのまた~り日記

oshirineko.exblog.jp
ブログトップ

モニタリング3日目

今日もまた朝から病院。
ノボリンRを2単位で再チャレンジ。

今日は家でごはんを食べさせ、注射をして1時間してから
病院へ行ったので、pre-shotのGLUは測れず。

1時間後 298
2時間後 250
3時間後 221
4時間後 181
5時間後 211
7時間後 391

前回の結果と比べてみても、だいたい4時間くらいがピーク
なのかな、という感じ?
下がるスピードがゆっくりなのに対して、上がるスピードが
早いのが気になるけれども、もともと持続時間の短いものなので
こんなものなのだろうか?

ホームドクターがこの結果を権威先生に連絡して
指示を仰いでくださるということになった。

今日はTPは11.5まで下がっていた。
脱水が緩和されたということなのかな。

権威先生は高血糖は炎症のせいではないかとおっしゃり、
抗生剤を打つよう指示されたのだけれども
おしりは術後ずっと抗生剤を毎日打っている。
(ステロイドを使っている間は免疫力が落ちるため)
それなのに炎症で高血糖になるのだろうか?

また、もしも免疫不全や腫瘍が原因であれば
逆にステロイドを使用し続けたほうがいいかもしれないとも。
でもあちこち検索すると、海外のサイトでもステロイドによる
糖尿の猫の話はいっぱい出てくる。
こわくてとても使えない・・・。

第一、どこかに炎症があるか、腫瘍があるか、どうやって
調べたらいいんだろう。
体中バイオプシーをやるですか?
全身CTとかMRIとかするですか?
[PR]
by nekomata-ri | 2006-11-10 22:03 | 糖尿