ねこまたのまた~り日記

oshirineko.exblog.jp
ブログトップ

インスリン開始

b0024623_15422485.jpg


権威先生の話をホームドクターにすると、早速権威先生と
連絡を取ってくれ、すぐにインスリン治療を始めることになった。

8日のお昼3時すぎにホームドクターより電話があり、
「権威先生の指示を仰いだので早速今晩から治療を開始しましょう」
という。
インスリン治療をするためには普通入院してのモニタリングが
必要となる。
インスリンがどのように効くのかは個体差・体調による差が
大きいため、最低3日は入院してモニタリングするということだ。
んでもおしりの場合は速攻型インスリンを使うため、
通常なら3時間くらいで効果がなくなるので、入院しなくても
大丈夫だろうということだった。

先生のところは先生1人、AHTさん(または研修医?)1人しか
おらず、他の患者さんがいるとバタバタして正確な時間に
血糖値を測定できないと困るので、閉院後の夜8時に来て下さい、
んで看護士さんがいなくなるので、私が採血の際に保定を
してください、ということだった。

****************************

夜8時、空腹のおしりを連れて病院に行く。
おしり、昨日あたりから多飲多尿も多食も少し落ち着いた感がある。
もしかしたらインスリン打つ必要なくなるかも・・・。

期待しながらまずは空腹時血糖の検査。
これがガチョーン!の443。
あがってるやんか・・・。空腹時なのに・・・。
いよいよインスリンを打たないとまずい状態ってことだ。はぁ。
先生は「病院に来たストレスかも」となぐさめてくれる。
そ、そうよね、もしかしたら空腹のストレスも加わってるかも・・。

それからおし様にごはんを召し上がっていただいている間に
おケツにインスリン注射。(このインスリンは筋肉注射なので)
種類はノボリンR、量は2単位。
ホントは0.5units/kgから始めるらしいので、
おしりは3単位でもよいらしいが低血糖を警戒して2単位から。

1時間目、GLU 398・・・・下がらんやんか!
普通1時間くらいでピークがくるはずなのに。効かないのか?
2時間目 GLU 250・・・おおっ、下がってきた、よかったよぅ。
3時間目 GLU 172・・・即効性のはずなのに・・・
4時間目 GLU 139・・・え?まだ下がるの・・???
4時間半 GLU 124・・・ど、どーする・・・

この段階ですでに12時半、日付が変わっていた。
途中から仕事帰りのダンナもかけつけてくれたのだけれども、
彼はごはんを食べてないという。
明日も朝早いのに・・・どうしよう・・・。
先生にも申し訳ない。
当初の予定としては10時か11時くらいに血糖値が上がり始めて
ハイ、終了!となるはずだったのに・・・。
先生は「ボクはかまわないよ」と言うけれども
やっぱり今回はこのへんで中止ということにして、
これ以上血糖値が下がらないようおしりに再度ごはんを食べさせ終了。

ヘロヘロになって帰宅、1時半に晩御飯、2時におしりに
酢酸リンゲルを200ml輸液して、就寝。
(脱水がひどいので、輸液を1日200mlに増やしたのだ)

あとからおじいちゃまに報告すると、
「もっときちんとモニタリングしなきゃ!」と言われた、ホントにそうだ。
やり直しをさせたらおしりがかわいそうなんだ。
ニンゲン一食くらい抜いたって、1日くらい寝なくたって死にやしない。
おしり、ごめんよ。
[PR]
by nekomata-ri | 2006-11-09 18:55 | 糖尿