ねこまたのまた~り日記

oshirineko.exblog.jp
ブログトップ

検索けんさくケンサク検索(森田)健作・・・(←意味はない)

おケケも生えてきました~
b0024623_12425846.jpg


※一応ノートに書き留めたりしてるんだけれども、
日記に書く日にちがまたかなりずれてきて
だんだんワケわからなくなってきました。
ここのところ、昨日のことすら思い出せないことが多く・・・
はぅぅ・・・アルツ?(Nov.11) 


おしたん、相変わらず多飲多尿で激しい飢餓感。
でも昨日よりはちょっとまし・・・かも??
昨日の夜は1時間おきにおしっこして大変だった。
尿検査でもずっと糖が+3~4おりてる。
ケトン体は今のところマイナスだけれども。
(ケトン体がどばーっと尿に出るとケトアシドーシスという
 状態になって猫ちんの命にかかわる事態になるらしい)

糖尿のことはよくわからん。
ましてや猫の糖尿のことはもっとよくわからん。
必死で検索する。
読めば読むほどさらにワケがわからなくなっていく。

猫の糖尿はI型(インスリン依存型)が多いってかいてあるサイトが
あるかと思えば、逆に猫はII型(インスリン非依存型)がけっこう多いと
書いてあるサイトも。
おしりはどっちなんだ!?どうやって調べりゃいいんだ?

とりあえず、ステロイド糖尿というのは
「インスリンは出ているんだけれどもステロイドのせいで感受性が
 悪くなってしまっている状態」
ということらしい。
ついでに脂肪もインスリンの感受性を悪くするらしいので、
おしりはダブルパンチで発症してしまったのかなあ。
それじゃあインスリン打たなくてもステロイドやめて
減量すれば治るのかなあ?

あとひとつ。
これはニンゲンの糖尿のサイトで見たのだけれども
おしりに処方されたSU剤という種類の血糖降下剤は
「インスインを出せー!」と膵臓ちゃんに命令するお薬らしい。
だからステロイド糖尿のヒトには使っちゃイカンよと書いてある。
インスリンの効きが悪いので膵臓ちゃんは必死でインスリンを出してるのに、
さらに「出せ!」と鞭打つと、膵臓ちゃんは「もうダメポ・・」となるらしい。
えーっと、えーっと、じゃあおしりにこの薬飲ませてもいいのかい?
猫とニンゲンは違うからよくわからんけれども・・。
(とりあえず飲ませるのはやめた)

それから猫のサイトでも血糖降下剤について書いてあるのがあって、
4種類くらい糖尿のタイプに合わせたのがあるようなことが書いてある。
グルコースを腸から吸収するのを防ぐやつとか、
肝臓で糖を作るのを押さえるとか、インスリンの感受性を高めるとか。
インスリンの感受性を高めるっていうヤツ、これがいいんじゃないの?
これはないのかしらん???

なんだか検索するたびに疑問が雨後のタケノコのように湧いてきて
収集がつかない。
とにかく先生に聞いてみよう、聞かなくちゃ。

(↑こういう場合、ネットで聞きかじってきた話をきちんと時間をかけて
 聞いてくれて疑問に答えてくれ、さらにわからないことは調べて後から
 教えてくださる、というような先生はけっこう少ない。
 そういう意味で今の先生はとってもとってもいい先生だ。)  
[PR]
by nekomata-ri | 2006-11-05 19:46 | 糖尿