ねこまたのまた~り日記

oshirineko.exblog.jp
ブログトップ

インスリン注射と経口血糖降下剤

お気に入りのかばん。いつもこの上に乗ってるこしり。
いい加減しまいたいんだけど・・・
b0024623_20201278.jpg


うーん、糖尿かぁー。
食欲が増してるのはステロイドのせいとばかり思ってたし、
水を飲むのはラキソベロンのせいだと思ってた。
(便秘のお薬であるラキソベロンを投与すると、おしりはよく水を
 飲むので・・・)

でも巨大結腸症でなければ、ウンピが詰まってなければ、
ウンピストーカーをしてなければ、
こんなに早く気づかなかったかもしれない。
詰まったウンピ様様だにゃ(笑)。

あまりに有名な病気なのに、私の知識と言ったら食事療法と
インスリン注射という2語のみ。
食事療法だって、どういうごはんがダメとか全くわからん(汗)。
あ、あとはタイプが2つあるらしいとかいうことだけ・・・
なぜかインスリンが全くでなくなるインスリン依存型(1型)と、
インスリンは出てるのに量が少ないとか量は適当なのに
効き目が悪くなってるとかいうインスリン非依存型(2型)とか。
ニンゲンでは2型(生活習慣病)が圧倒的に多いとか・・・そんなもん?

PCで糖尿を片っ端から検索。
読めば読むほどどんどん「?」が沸いてきて収拾つかず。

おしりの場合はステロイド糖尿である可能性が高いらしい。
ステロイドを切れば回復するかも・・・?
しかしステロイドの副作用で糖尿を発症する子はもともと
そういう素因を持ってる子が多いらしい。
肥満たどか太ってるとかデブだとかでぶだとか・・・。
するとそうは簡単に治らないかも、いやずっと治らないかも・・・。

ステロイド糖尿であったとしても、即座にインスリン治療を始めている
猫さんが多いということも不安。
おしりは本当にインスリン打たなくていいのかなあ?

モヤモヤが晴れないので、仕事帰りにドクターのところへ行く。

1.本当にインスリンは打たないほうがいいのか?
  インスリン治療開始のタイミングは?

    ★先生もいろんな先生に意見を聞いて下さっていて、
      やはり今の状態でインスリンを使うのは危ないという意見ばかり
      だったということ(先生の知合いのドクターの中での意見です)。
      インスリン開始の目安は、ステロイドを切った後2週間たっても
      高血糖が改善されなければ、ということだった。

2.経口の血糖降下剤はどうなのか?

    ★試してみてもいいが、効果が疑問。
      猫では血糖降下剤が効き目が低いと言われるのは、
      猫はインスリン依存型が多いためだろうということ。
      おしりの場合は非インスリン依存型の可能性が高いので
      その場合は効くかもしれない。
      ただし、効果がでるまで2ヶ月くらいかかる子もいるので・・・。
      また、まれに肝不全になる子もいるらしい。
      おしりはステロイドで肝臓に負担がかかっているわけだから、
      これはちょっと怖いかも。

3.どうも脱水しているようだが、皮下輸液をしてもよいか?
  以前おしりの血糖が高かった時(去勢手術をする時の血液検査で
  血糖値が300近くになった。尿糖はなし)、なんとか血糖値を下げるために
  輸液しますと獣医さんに言われて血糖値が下がるまで毎日輸液に
  通ったことがあったので、輸液というのは血糖値を下げるのに
  有効な手段ではないのかと思ったこともあって。

    ★脱水しているなら輸液をしてもよいだろう。
      しかし血糖値を下げるのに輸液が有効だというのは聞いた事がない。
      輸液をするなら乳酸リンゲル(ソルラクト)は勧められない。
      値段は高いけれども酢酸リンゲル(ソルアセトF)の方がよいだろう、
      ということ。
      乳酸は肥満細胞腫にも糖尿にもあまりよくないらしい。

3.ごはんについて
  一応血糖アシスト(ドライ)を注文したけれども、ドライばかりでは
  おしりの便が詰まるのは目に見えているので、ウェットが欲しい。
  w/d,r/d缶はアレルゲンである豚肉が使われていること、
  あまりに高繊維質で便秘必至なので他の種類で・・。
  (私はおしりの巨大結腸症はr/d,w/dが原因ではないかと疑ってさえいるのだ)

     ★ユカヌバの糖尿用ウエットはない。
      しかし減量アシストの缶詰で代用できるのでそれにしてはどうか
      ということでそれを頼むことに。
      

家に帰るとものすごい形相でごはんを催促するおしりが・・・。
糖尿とわかってしまったのでそう見えるのか、鬼気迫る食欲と多飲多尿に
どんどん深刻な気持ちになっていく。
まだ明日もあさってもステロイド注射しなくちゃいけないんだよ~。
いやだよー。でも急に切って万が一離脱症状(中毒症状)が出たら
困るし。猫はステロイドに強いので急に切っても大丈夫という話は
以前他の病院で聞いた事があるけれども、術後の体であるしなあ・・
ぐるぐると気持ちは回る(@@;;
[PR]
by nekomata-ri | 2006-11-02 20:22 | 糖尿