ねこまたのまた~り日記

oshirineko.exblog.jp
ブログトップ

ぢごくドライブでお迎え~

※仕事が忙しい時期に突入したために、だいぶ間が開いてしまいました、
 すみまそん。

10月12日(木)

今日オッシーが退院できるかどうかはわからないけれど、
面会&術後の説明のために病院に呼ばれている。
そしてもし状態がよいようだったら退院してもいいことになっている。
退院に備えてカラーをつけたおしりでも入れるプラスチックの大型の
キャリーを準備。

問題はそこからだ。
今日はダンナはどうしてもはずせない仕事があって会社を休めない。
おしりが退院できないなら1人で電車で行くのだけれど、
退院するなら車で行かねば・・・。
乗り物に乗れば下痢するおしりであるから、電車で連れて帰るのは無理。
(それ以前に7kgのネコをプラスチックの重いキャリーに入れて駅まで
 歩くのも無理・・・笑)
タクシー?片道一時間弱、いったいおいくらかかるでしょう?
手術代だっていくらかかるかわからなくてドキドキなのに・・・。

ふふふ、うははは、うひひひひ・・・・
そうなのじゃ。
後は例の「ぢごくドライブ」しかないのじゃ・・・うふはははは。
ぢまんじゃないが、未だ片道1時間のドライブを1人でしたことはない。
父の100ヶ日で実家に帰った時、無謀にもレンタカーを借りて運転してみたが、
姉に「これほどのレベルで公道を運転しているとは・・!!」と絶句され、
毎度ワイパーと方向指示器を出し間違えるのを横から姉に直して貰い
(自分でワイパーを止める余裕はなかった)、
無事レンタカーを返し終えた時には「生きて帰れたー!!」と
2人で抱き合って泣いたという・・・・そういう私である。
(姉は免許証を忘れたために頑として運転しようとしなかった。)

んでもやらねばならんもん。
おしりのウンピ問題があるし、こちらから1日早く退院させてくれって
ごり押しした手前もあるし。
ええぃ、なんとかなるさ、いざ、出発じゃ!

とりあえず1本道をずんずん進むだけだし、私の前にトロトロ運転のトラックが
走っていてくれたおかげでなんとかうまく病院にたどりつけた。
ここの駐車場は広いので私でも駐車できる(4回くらい入れ直したけどさ)。

今日は手術日じゃないせいか、先生方も患者さんたちも深刻ムードはなし。
あんぱんまん先生(ザ・たっちの方が似てるかも・・)に呼ばれて入院室へ。

ケージから出されたおしりを見て絶句・・・。
b0024623_1931517.jpg


顔の毛を剃られたために、まるでキツネのようなとんがりコーンな顔に・・。
そしてたぶん傷口の化膿止めの軟膏と思われるものを塗られて
つるりぬるりな顔になっている。

おしりに28時間ぶりに会えたといううれしさ、安堵感とともに
あまりの顔のヒサンさに「おしりぃー!」と叫びながら涙がどばーっと・・・。
先生は「やっぱりなぁ・・こんなに顔を剃っちゃったら絶対飼い主さんに
泣かれるって皆で言ってたんですよー」と。
そう言いながらも先生は手術が無事終わったという安堵感からか
ニコニコ顔で、おしりのこともかわいくて堪らないという感じに撫でてくれる。
あんぱんまん先生の株、急上昇(爆)!
(後からホームドクターに聞いたのだけど、慣れてる獣医さんでもやっぱり
 手術の前の緊張度というのはすごいらしい。無愛想に見えたのもしかたないか)

「ヒゲはねぇ、なんとか左右1本ずつ残そうと思ったんですよ。
 でも片方はオペ中にとれちゃって・・・」
そう言われておしりを見ると、左側だけ1本、リッパなヒゲが残っている。
ハゲハゲの顔にたった一本、かなり太くて長い立派なおヒゲが1本。
なんだか逆に哀れをさそう感じだ・・・。

先生のお話では、大丈夫そうなので今日連れて帰ってよいと。
剃毛中にもう一個いぼンヌちゃんを見つけたので合計6ヶ所切ったということだった。
一応腫瘍は取り切ったと思うが、病理検査の結果はまた後日
ホームドクターのほうに連絡しておくということだった。
んで、抜糸もホームドクターのところでやってもらってくれぃ、と。
ホームドクターはザイゼン助教授と仲がよいらしい。

心配してたウンピに関しては水曜の手術前と、術後の夜から朝にかけての間に
ちゃんとしてたそうだ。
でも下痢だったらしい。やっぱ病院がこわくて過敏性大腸炎になっちゃったのね。
下半身がだいぶウンピで汚れてた。
でも出ないよりは全然よかった。
口の両脇を切っているので心配していた食欲も大有りだったというこで(笑)。

お薬に関しては、手術5日前から飲んでいたステロイド(プレドニゾロン5mg)1.5錠を
後2週間続けて、その後半錠ずつ減らしていくように言われたのと、
抗生剤(ビクタス・錠剤)を6日間分、そして傷口に塗る軟膏(タリビット)を処方された。

ドキドキのお代は・・・¥49,850ですた、安っ!
前回の検査代が確か¥25,000くらいだったので、合計¥75,000くらい?
この後抜糸とかお薬代とかいろいろあるのでまぁ全部で10万ってことだろうか。
手術というので20万は覚悟していただけに、安くて有難かっただす。

オッシーを助手席に乗せてキャリーにシートベルトして、いざおうちへ!
おしりはぎゃおすぎゃおすと鳴きまくる。
入院させられた文句なのか、運転が怖いのか・・・ナゾ。
でもおしりが車に乗っている限り、絶対私を(自分を?)守ってくれるはずなので
私としては安心してドライブできる。
無事におうちに到着~。

こういう時、おしりは必ず怒りにまかせて食いまくる。
病院で下痢してたってことだし、とりあえず詰まってないからいいやね、と
ごはんの大盤振る舞い。
おしり、おっしー、おしこちゃん、お疲れ様でした!

b0024623_1875638.jpg
私はいつ何時でもとにかく食べます

[PR]
by nekomata-ri | 2006-10-28 19:17 | 肥満細胞腫