ねこまたのまた~り日記

oshirineko.exblog.jp
ブログトップ

おしりにイボ!

それはだいぶ前からあったと思うのだ。

おしりの右目の上、眉毛(目の上からぴゅっと伸びてるヒゲ?)の
少し左側に小さい小さいハゲみたいなのがあるのは
ずっと前から気づいていた。
でもただのハゲだと思っていた。
おしりは体のあちこちにハゲがあるから。

すこぅしそのハゲが大きくなったような気がして
何気なく毛をかきわけてみたら・・・・
そこにはイボが!!

b0024623_2071532.jpg


ピンク色でぽちっとしててとっても小さいけれど、
でもイボだ。
こ、これはどう見てもいぼンヌちゃん((C)麦芽さん)、
またの名を肥満細胞腫ではないか!?
大慌ててで病院へ。(慌ててもしようがないのだけど)

「ココ、ここにいぼンヌ・・いや、イボが・・あうあう。
 これって肥満細胞腫じゃないですか?そうですよね??」
と医者に詰め寄る私。
先生はレンチみたいなメジャーでサイズを測って
1.2mmとカルテに記入してから言う。
「こんなに小さいと組織を採るのは無理ですねぇ。
 しばらく様子見ということで。
 このあたりにイボがいっぱい出来る子は多いし、
 けっこうポロっと取れちゃったりしますしねー。
 まあ肥満細胞腫だったとしても猫の場合は悪さしないものが多いし」

この日はちぼりも一緒に診察してもらって、既ににちぼりが
病院に多大な迷惑をかけ、時間も大分割いてもらっていたので
これ以上どうこう出来ずに帰宅。

しかし家に帰ってもう一度おしりをよく見ると、ほっぺのヒゲの間に
もっとずっと大きいイボを発見!((((((;;゜д゜))
即病院に電話するも、「様子をみて・・・」とのこと。
うーむ、うーむ・・・。
前の病院では、こちびに肥満細胞腫が出来たとき、
全身をくまなく触って他の場所にも出来てないかチェックしてくれたんだったなあ。
イボに気づいた時、病院に行く前に自分でもっとチェックするべきだったなあ。
そういえば前の病院でおしりは脾臓が腫れてるかも?って
言われたんだった。
もしかしていぼンヌちゃん、脾臓からお出ましになってないよねぇ・・。

先生は検査で組織を採るなら、いっそ最初に全部切り取ってしまった方が
いいかもって言ってたけど、目の上なんて皮の下はすぐ頭蓋骨だよね?
そんな簡単に取れるのかな?
[PR]
by nekomata-ri | 2006-05-20 20:25 | 肥満細胞腫