ねこまたのまた~り日記

oshirineko.exblog.jp
ブログトップ

尿崩症のお薬

今月から日記をこちらに変えてみます。
使い勝手が悪いようだったらまた戻るかも・・。

今日、保護猫のことで病院に行ったら、ちびおしりの尿崩症の薬が届いたとのこと。
2.5mlで¥13,000ほどするデスモプレシンという抗利尿ホルモン薬だ。
が、1回の点眼量はごくわずかそう(推定)。これなら1ヶ月もつだろう。ホッ。
しかし先生は人間用の説明書しかついていないこの薬の猫への適量が
わからないとおっしゃる。
人間用なので付属の量を量るノズルも細かい目盛がついていない。
よってちびおしりを入院させて、経過を観察しながら点眼してみるという。
うう・・・。そんな行き当たりばったりでいいのか。

病院から戻ってから、以前ふぃんふぃんさんに紹介していただいた
尿崩症の猫さんと暮らしている方のサイトを訪問、量を聞いてみる。
管理人さん、お体の具合がよくないのに即レスくださった。有難や~。
・・・で、量は・・1滴。つまり厳密に0.0●mlとかというふうに量らなくてもいいらしい。
薬を目薬の容器に移し替えて1滴点眼すればいいのだ。
それだったら簡単だ。目薬点すのは慣れている。
(しかし1滴いくらか・・と思うとやっぱりビビルかなあ・・・笑)。

それから中枢性尿崩症ならホルモン検査でわかるということを教えていただいた。
なぬ??もう薬を取り寄せてもらっちゃったじゃないの。
値段まで確認してから取り寄せるかどうか聞かれてお願いしますといったのに
今更ホルモン検査で中枢性尿崩症じゃないとわかっても「いらない」とは言えない。
ガチョーンだ。
その場合はいろいろ教えてくださったサイトの管理人さんに差し上げることにしよう。
し、しかし聞けば聞くほどうちの獣医さんダイジョーブなのか?と不安になる。

今朝は非常に寒かった。(日中は30℃越えたけど)
おしりとちびおしりが猫ベッドに一緒に入っていた。
やや、これは猫団子!?と思ったらちぼりがおしりをキックして追い出してしまった。
うー、うちではこの冬も仲良し猫団子は見られそうにない。


b0024623_20302433.jpgb0024623_20305294.jpg
[PR]
by nekomata-ri | 2004-10-01 18:47 | うちの猫