ねこまたのまた~り日記

oshirineko.exblog.jp
ブログトップ

UNICO


b0024623_1848176.jpg
もうすぐおしりのお誕生日(1月29日)。
もちろんおしりの本当のお誕生日はわからないので
うちに来た日をお誕生日にしているのだけど。

年齢も不詳。
あっちの病院で「5歳~10歳(3年前)」、こっちの病院で「とっくに
10歳すぎてる(3年前)」などと言われ、
適当に保護した時を10歳としているけど・・。
今通っている病院でも聞いてみたところ、おしりの歯(犬歯3本しか
残ってないが)を見て「この牙の長さは相当な年だと思いますよ。
10歳は過ぎてるでしょう」と言われた。
最初に「5歳から10歳の間」と言った先生は獣医歴10年以下で
開業歴1年、「10歳以上」と診断した先生は無類の猫好きが一名と
開業歴が相当長い人が一名。
ということでやっぱりおしりは今度のお誕生日で13歳ということにした。

常々おしりの誕生日のお祝いのために欲しいと思っているものがある。
それはスペインのリベラ・デル・ドゥエロで作られる高級ワイン、
その名もUNICO。
UNICOとはスペイン語で「唯一無二のもの」という意味で、
私のUNICOと思っているおしりにはぴったりのワイン。
UNICOという名前も「ウ〇コ」みたいでおしりに合っている(爆)。

私はワインには別に詳しくないのだけど、義父がワイン好きで
ダンナの弟がスペインに駐在していた時に買って来てくれと
頼んだという話を聞いてこのワインのことを知ったのだ。
(スペイン現地でもかなりいいお値段らしく、義弟は義父の頼みを
断ったそうだ・・笑)

おしりがうちに来てくれて3年目、記念にこのワインを買おうではないか!
(別におしりが飲むわけでもなし、おしりは喜ばないのだけどね・・)
そうはいっても日本ではスペイン産のワインはあまり人気がないようで
おいてある店も少ない。
今までもあちこち出かけるたびにデパートや酒屋で探してみたが
見かけたことはなかった。
それが年末にとあるデパートで置いてあるのを発見!
1990年もののそれはお値段が4万円ほどであった。
「こ、ここまで古いものじゃなくてもいいよね・・・・」と後ずさった私。

いよいよお誕生日も近づいてきて、ネットで探せばもちっと年代の浅い
安いものがあるであろうと検索開始。
と、ところが私の考えは甘かった。
このワイン、造られてから10年は出荷しないらしい。
しかもブドウの出来の悪い年には一切作らないとか。
す、すると一番新しいものでも1995年もの(この年に作られているとして)
ということになるのか。
調べてみると最近(UNICOにしては、ということ)のものはネットでも
やっぱり4万円前後ってところか。

え、え~っと、UNICOはおしりが来て5周年記念の時までとっておこう・・。
その時にはおしりの生まれ年(推定)のUNICOを買おうじゃないか!
[PR]
by nekomata-ri | 2006-01-14 18:48 | うちの猫