ねこまたのまた~り日記

oshirineko.exblog.jp
ブログトップ

いっぱいありがとうです

11月9日の記事にコメントくださった方へのお返事です、今頃・・(汗)。

あの記事を書いた時は凹みまくりの上に泥酔状態で・・(恥)。
私はおしりから貰うばっかりで何もあげられない、健康に気をつけてあげなくちゃ
いけないのにデブにして巨大結腸症にしてしまった、
なんて考えてたらぐるぐるとデス・スパイラルに。
過去を振り返って嘆いていてもどうしようもない、今出来ることをやらなくちゃ、
アタマではそう思っても気持ちがついていかなくてどん底でした。

それでも皆さんからたくさんの激励を頂いて、相談にのっていただいて、
おかげで私もおしりもいい方向に向かう事が出来ました。
皆さんがいらっしゃらなかったらどうなっていたことやら・・(大汗)。
本当にありがとうございます。
ご心配をおかけしてしまった方、ご迷惑をかけてしまった方、すみません、
そしてありがとうございました。

おしりの便秘の経過についてはまた日を改めて。

***********************************

むぅきちさん、今さらだけどいろいろありがとう!
落ち込むとどんどんマイナス思考になってしまう私ですが、
むぅきちさんたちが家に遊びにきてくれて、楽しい時を過ごす事ができて
ものすごく救われました~。
いつも元気なむぅきちさんに元気の種をわけてもらったカンジです。
本当に本当にありがとう。

sabikappaさん、ありがとう。
あの時はどんどん悪くなっていくように見えるおしりを前に、
どうしたらいいのかわからずオロオロ・・・という感じでした。
自分は獣医じゃないから、猫が病気になったら獣医さんに行くしかない、
でも行ってもよくならない、かえって悪くなっていくようにみえる、
代替医療は効いているようにもみえるが状態が改善できるほどでもない。
あとはどうすりゃいいのさっ!?って。
おしりは自分で病院や治療を選ぶ事が出来ないのだから、
ちゃんとした治療方法を見つけてあげられないのは私のせい、あううう・・・って。
情けないグチなんだけど、その気持ちわかるよって言ってくれて
励ましてもらえたこと、とても感謝しています。

nekonekoさん、いつもいつもありがとう。
おしりは私といて幸せだなあと思ってくれてるんでしょうか、不安です(笑)。
でもそうでいてくれるように頑張らなくては。
そうですよね、こっちが落ち込んでると猫たちにも伝染しちゃう。
特におしりはそういうことにとても敏感な子だから。
今でもおしりがふんばってるのにウンピが出ないと心の中では
パニックだけど、表面上はニコニコ「大丈夫だよ、おしり、大丈夫」って言ってます。
(見破られてるかもしれませんけど・・・苦笑)

かおりん、ありがとう~。
そうなの、おしりを愛して愛して愛するあまりに・・・。
おしりの結腸と私の結腸、取り替えられるものなら取り替えたいと真面目に
思いましたです、ハイ。
私なら自分で薬の調整もできる、下剤でお腹が痛かったら医者にも言える、
でもおしりはそれが出来ないんだものって。
かなり後ろ向きになってましたね・・・ははは。
翔太ちゃんはおなかのほうはもうずっといい感じなのですよね?
おしりもそういう日が来るのを信じて頑張ります~。

ねこごさん、ありがとうございます。
いつもいつも励ましていただいてばかりで・・・。
自分でよかれと思ってやったことが思うようにいかなかったり
かえっておしりによくなかったのでは、というような事態になったりすると
本当におしりに申し訳なく思ってしまいます。
おしりはいつも私の気持ちを汲んでくれて、自己主張せず、黙って耐えてくれる子
なのでよけいにつらくなってしまって・・。
ねこごさんのコメント、心に沁みました。うれしかったです。

ふぃんふぃんさん、ありがとうです。
あの時わたしは本当にふらふらしてました~(笑)。
誰の何を信じればいいの?おしりにどうしてあげればベストなの?
わからない、わからないよぅ・・・・って。
あちこちの病院で「手術しろ」だの「死にますよ」だの言われて、
処方されるお薬も病院によって全部違って、(@@;;でした。
そのせいで他の子たちにもだいぶ迷惑をかけてしまいました。
こちびは私の顔色を伺うような感じだったし、こしりは(いつにも増して)
落ち着きがなくなって鳴き喚いてたし、ちぼりは四六時中ごはんを欲しがって
(あ、これはいつものことか?)。
私のような性格では、いつもおおらかに「大丈夫よ!まかせなさぁい!」という
ふうにはとても出来ませんが、少なくとも気持ちの芯はぶれないように
頑張りたいと思います。
またフラフラっとしてたら注意してくださいね、お願いします~。

鍵付きコメントをくださった方へ。
暖かいお言葉を本当にありがとうございました。
皆さんの言葉を心に刻んで、おしりと一緒に頑張っていきたいと思っています。
皆さんと皆さんの猫さんにもたくさんの幸せが舞い降りますように!
[PR]
by nekomata-ri | 2005-12-31 23:02 | 猫の便秘&アレルギー