ねこまたのまた~り日記

oshirineko.exblog.jp
ブログトップ

遠隔操作

朝出かける少し前にダンナが起きて来てくれたので
レメディの注意事項を書いた紙を読んでおいてと渡し、薬の投与方法を指示。
1~2時間置きに投与しなければならないので、ダンナは昼寝も出来ないことになる。
す、すまん・・・おしりのためと思ってこらえてつかぁさい(どこの言葉?)。

後ろ髪を引かれる思いで出発。
途中から2時間置きに電話し、レメディを与えてるか確認。
2回目のレメディの確認の電話をすると、早速忘れてやがったですよ。
よって2時間ごとにずっと電話することにしたのだ。
しかし、公衆の面前で携帯で「おしりが・・おしりに・・」と叫んでる私、
かなーりアヤシイ人だったかも・・・。
何人かの人はぎょっとしたような目で私を見、目をそらすように逃げていった。

おしりは今日も昼は寝てばかりのようだったらしい。(天候のせい?)
夜、本日最後のレメディを飲ませてから2時間後くらいに電話、
ウンピが出たか確認するも、便意すら全くないという。
それでも晩はごはんをきっちり食べたらしいし、体調が悪そうでもないというが。
がっくりと肩を落としてホメオパスさんにメール。

おしりのことが気になって夜あまり眠れなかった。

[PR]
by nekomata-ri | 2005-10-29 22:09 | 猫の便秘&アレルギー