ねこまたのまた~り日記

oshirineko.exblog.jp
ブログトップ

もうわかんねぇ!

※ただでさえ文章をまとめる能力に欠けるのに、怒りのために
  さらにいつもより長い文章になっております。ご了承願います。

朝、みょ~んみょ~んというこしりらしからぬ弱気な鳴き声で目が覚める。
確か以前こういう鳴き方してたのは、こちびが膀胱炎になった時・・・。
起きていくと、不安そうな顔のこしり、そしておしりがいない。うわわわわ・・・・。
あちこち探すが・・・いない!はっ、こたつの中!いた!具合が悪そう・・・。
皆がごはんを食べていても出てくる気配なし。
トイレをチェックするがウンピが出ている気配もなし。今日こそ間違いなく病院だ。

予約がないのでだいぶ待たされ、ようやく診察。
今までの経過を説明、すぐにレントゲン撮影となる。
ところが結果は・・・それほど詰まっていないということで。あり?
まあ金曜に少しだけ出してもらっているからかもしれないが・・・。
とりあえずまだ結腸に残ってるウンピを出してもらって帰ろうとするが
そうは問屋が卸さないのがこの病院。

もしも便が固かったらすぐには出せないので半日入院させると。血液検査もすると。
しかも静脈点滴すると・・・なぜ?別に何日も食欲廃絶とかそういうことでもないのに?
はぁ~・・・・また静脈点滴かよ。
こちびの時もそうだったけど、なぜここの病院はこんなに静脈点滴したがるのか?
確かに静脈点滴のほうが即効性はあるけれど、おしりもこちびも
緊急事態でもなんでもないのに。
すると説明はこうだった。
「腸内の細菌バランスが悪いので、悪い毒素が体に吸収されて
 内臓にダメージを与える可能性が高いから」
・・・んー?おしりは保護当初からずーっといつも腸内細菌バランスは
悪いと言われているが、それで静脈点滴と言われたことは未だかつて
どの病院でもないのだが・・・??(皮下輸液ならされたけど)
第一便を出してもいないのに、腸内細菌のバランスって・・?

それからレントゲンでどうも脾臓が腫れてるかも・・?なのでエコーを撮ると。
脾臓が腫れてるとどうなるのか聞くと、貧血になるという。
それなら血液検査はするわけだし、それで異常があればエコーすればいいのでは?
極力おしりにストレスを与えたくないので、静脈点滴もエコーも、
血液検査の結果が悪かったり腸の状態が悪いようならしてください、
ということでとりあえずおしりを預けて帰る。

すると外でお昼ご飯を食べている最中に携帯に電話。
診察してくださった先生とは違う先生で、また「静脈点滴したほうがいい、
エコーも・・」と同じことをしゃべり続ける。
じゃあおしりの状態が悪いのかというとそうではなくて、血液検査結果は問題なし。
ウンピの方はまだ何の処置もされてないらしい。
ちょっと何か聞き返すと「お待ちください」と延々待たされ・・・
携帯の電池も切れそうだったし、面倒になったので
「必要と思うならやってください」と言って電話を切る。ううー・・。

おまけに夜の引き取りも、OKになったら電話しますというのに
閉院時間間際になっても電話がこない。
ここは診察時間をすぎると電話がつながらなくなるのでこちらから電話。
すると今忙しいから後でこちらからかけなおしますと。
うちは病院まで車で2,30分かかるから、とりあえずそちらに向かっても
いいですか、と聞くと「10分以内に折り返すので待っていてください」とのこと。
じりじりとした気持ちで待っていたが、待てど暮らせど電話なし。
1時間すぎたところで堪忍袋の緒が切れて、留守電に「電話ないけど、
そちらまで時間かかるので今から引き取りに行きます」と入れて出発。
案の定途中の道は渋滞、さらにイライラ度が増す。
病院も日曜の夕方はなぜかいつも混み混みなので忙しいのだとは思うけど
いくらなんでもひどくないかい?
急患が入ったとしても、受付の人に電話かけてもらうことだって出来るだろう。
おしりの気持ちを考えるとムカムカと腹が立ってくる。

出発してしばらくした時携帯に電話。院内の連絡ミスで連絡が遅れたとのこと。
うー、それなら1時間も待ってないで早く出発してればよかったよ。
あーあ、これだから半日入院はいやなんだ。
外来優先だから、引取りにいった人は全ての患者さんが終わるまでずっと待たされるし。
おしりは朝から何も食べてないのに・・。

結局静脈点滴もエコーもされていた。留置針はいれたまま。イヤな予感。
エコーでは脾臓は問題なかったけど、腎臓の輪郭がぼやけていると。
血液検査では問題ないけど、数値に異常が出るのは腎臓の75%以上が
やられた時だし、やっぱりおしりも年だからそろそろ腎臓も悪くなりつつ
あるんだろう。(まだ尿比重も1.050はあるけれど)
毒素をうすめる&便秘改善のためということで、ここぞとばかりにまたまた
3日連続での静脈点滴を勧める医者。
いやじゃ!
しぶる私にまたしても「おしりちゃん、点滴中大人しくしてたしストレスかかったりは
してないようでしたよ」と、私の心の火山をバクハツさせるような暴言を吐く。
だぁかぁらぁ~、大人しくしてたらストレスかかってないってなんで決め付けるの?
「自宅で皮下輸液します」と振り切って留置針をはずしてもらう。

便はそれほど固くもないけど、おしりには自力で出すのは無理そうな固さ
だったということで。
とにかく便を固まらせないこと(薬で常にゆるゆるにしておくこと。
下痢でも構わない)、1日でも出なかったら浣腸すること、2日でなかったら病院、
と言われた。
「巨大結腸症は死ぬ病気だから」・・・ハイ、重々承知しております。
先日他の病院でも同じセリフを聞きました。

手作り食を与えていることも話したが、腎臓がよくないようなので
高たんぱくに気をつけてと言われる。
でも老廃物が多くなる穀類ばかりの療法食よりは全然いいと思う・・・。
ただ、リンのことを考えるとカルシウムは必須だし、すると便秘が・・・あああ・・。
かといって療法食も高カロリーだから便秘の原因のひとつといわれている
肥満が加速するし。

疲れ切って帰宅。でもおしりのほうがもっと疲れたよね。ごめんね。
診察台の上では私に背を向けて呼びかけても無視(涙)。
帰りの車のなかでは文句言いっぱなし。
それでも家に帰ったらごはん食べる気満々になっていたのでホッ。
便秘に効くかどうかはわからないけど、手作り食をどろどろのお粥状にして出す。
最初はいやそうだったけど、空腹に負けたのか完食。

おしりの便秘、どうしたらよくなるんだろう。
こんなに浣腸ばっかりしていてよくなるんだろうか。
かえって悪くなっていくばかりのような気がする。
最初はきちんとあった便意もどんどん遠のいているようだし、
浣腸ばかりしていると自分で出す力がなくなってしまうのでは?
そうは言ってもやっぱり出さないと死んじゃうわけで・・・。

*********************************

ちょっと怒りにまかせて感情のままに書いてしまったけど、
(かと言って病院で怒りを爆発させたりはしてませんので・・・笑)
この病院はあらゆることに備えて最善のことをしてくれているのだとは思う。
(おしりの便秘が浣腸だけでこの先よくなるとは思えないので、
 たった3日間の静脈点滴に果たしてどれくらいの効果があるのかは激しく疑問だが)
脾臓が悪くなっているなら、エコーで早めに発見するのも必要だったのかもしれない。
ただその場の説明がいまひとつはっきりしなくて、必要性を感じられなかった。

転院も考えているけど、近くにいい病院がない~。
先日行った病院は普通程度の医療も望めるのかな・・?という感じで。
AHTさんもいなければ手術も無理じゃないか?
それにおしりに便をさせるとき、ケージに一緒に入れたネコトイレは洗ってなかった!
(砂を入れる前にトイレの底が汚れていた)
おしりの前に感染症の子が使ってなかったことを祈る。

ある程度大きな病院でないと、治療の選択肢がせばまってしまう。
でも大きな病院では設備投資にお金がかかっているから、元手をとるためか
値段も高いし「必要?」と思うような治療まで押し付けられたりしがち。
先生が変わると言ってることも変わってくるし。
先生が2,3人っていうくらいの規模の病院がいいのかなあ。
おしりのお腹のことを考えると「近い」又は「往診OK」は必須だな~。

【本日の治療費】
診察料¥1,050、X線撮影¥6,300、血液検査(CBC)¥3,150、
生化学(4項目)¥2,940、皮下注射(なんだこれ?説明なかったぞ!)¥4,200,
留置針¥1,575、点滴チューブ¥1,575、静脈内点滴¥3,150、
浣腸¥2,100、エコー¥4,200、半日入院¥2,205、リンゲル¥1,050、
シリンジ¥630    合計¥34,125.-
[PR]
by nekomata-ri | 2005-10-23 22:29 | 猫の便秘&アレルギー