ねこまたのまた~り日記

oshirineko.exblog.jp
ブログトップ

もう、神頼み・・・(涙)

b0024623_2045133.jpg

おしり、ふんばってるのに出ない・・出ないよぅ・・・(激涙)。
しかもラキソベロンは12滴くらい使っても全く効かず、
モニラックにいたっては少し量を増やしたら(5~6ml)ゲロ。
2回もゲロったので犯人がモニラックなのは確定。
(あ、ラキソベロンとモニラックは同時にあげてるわけではありません)

ホメオパシーのレメディはピトケアン博士の指示通りに1ヶ月は次の投与をしないで
様子を見ないといけないのだろうか。
でもホメオパシーのサイトや本を見ると、緊急の場合には15分おきに1粒ずつ
与える、などと書いてあったりするんだけど・・・あうあう。

あちこちサイトを巡っているうちに、猫のホメオパス(ホメオパシーを処方してくれる人)
なる人がいるのを発見してしまった(もちろん人間もやってるけど)。
うーん、どうしよう・・・やっぱり専門家に聞いたほうがいいのだろうか。
「ペットの・・」じゃなくて「猫の」というところが私の心を激しくゆさぶった。
しかもお値段は入会金¥2、000と1回の相談料(4週間のフローアップ)¥6,000だって。
とあるサイトではホメオパスの獣医さんに診てもらうと1回2万くらいかかるって
書いてあったので、それに比べたらものすごく安いじゃないですか?
ホメオパシーのレメディはほとんどが副作用のないものらしいから、
2万円もするならば本を買ってちょっと勉強して手当たり次第にいけそうなレメディを
試してみたほうが安いよなあ、と思ったけど、¥8,000かぁ・・。
4週間おしりが病院に行って払ってるお金は4,5万にもなってるわけだから
それを考えたら(もし治るものなら)そっちのほうが全然安いわけで・・・(悩)。

・・・んで、ポチっと申し込んでしまいました・・・。
すると膨大な量の質問表がメールで送られてきた。
おしりのヒストリーから病状、今までの病歴、家族構成や家族との仲など・・。
これにもとづいておしりに合うホメオパシーのレメディを選んでくれるらしい。
まずは質問表を送って、あとはアドバイスを受ける日を決めるらしい。
アドバイスを受けるのは電話か面接(ホメオパスさんのお店?まで行く)。
面接と言っても私がいくだけでおしりが行くわけではない。
猫は知らない場所に連れてこられたらいつもと同じ行動をしないから
連れてきても無意味らしい。
ましてや普段の生活状況・病状を見た上での処方だから、本猫の顔
見てもしかたないんだろう。

ホメオパシー・・・。
100%信じてるわけではない。
なんか振動を与えるとその薬(厳密には薬ではないけれど)のパワーが増す
っていうのが理論的にどうなのか・・?なんて思ってしまうし。
でももう今の気持ちとしては何でもいいからおしりのウンピが出てくれればいい!
という感じ。

もちろん西洋医学を否定するつもりもない。
病院で処方された薬も、浣腸も、とにかくやれることは全てやってみたけどダメで
もう西洋医学では打つ手がないから・・・。
今のままではおしりの便秘もカイカイも根本的な改善は望めそうもない。
巨大結腸症にいたっては、このまま便秘が続けばどんどん腸が伸びて
しまいには力んだはずみで腸がやぶれて命の危険が・・・とまで言われている。
前回院長先生に「よくならないようなので、このままなら手術も視野に入れた
方がいい」と言われてしまっている。
術後快便になる可能性はないのだ。
大腸が全部なくなっちゃうわけだから、水分が吸収できないのでいつも軟便~下痢。
しかも場合によっては垂れ流しになる可能性も。

そういうことをいろいろ考えた上での選択。
それからおしりのカイカイも便秘がひどくなったのも同じ時期だということがあって
このふたつは何か関係あるのではないか、という気持ちが強い。
だからカイカイにはステロイド、便秘は下剤・・という対症療法では
だめなんではないか?という気持ちもあって。

目の前で苦しそうなおしりを見てると、もういてもたってもいられないのだ。

[PR]
by nekomata-ri | 2005-10-14 21:17 | 猫の便秘&アレルギー