ねこまたのまた~り日記

oshirineko.exblog.jp
ブログトップ

ついにホメオパシーに走る

ああ、出ない・・・。
一応トイレで踏ん張ってはいるが出ない。
以前のように粘液のみをじゅるじゅる出しながらそこここでウンチングスタイル、
というのではない。
とりあえずトイレで一踏ん張りしてみるが、出なければそれでオシマイ、と。
どんどん腸の機能がバカになってきているのだろうか?
やけくそのようにラキソベロンを10滴ほどごはんに落としてみるも効果なし。
腸内のビフィズス菌は完全にお休みしているようだ。

・・・そこで取り出しまするはホメオパシーのレメディ。
これが効くと信じているわけではないのだが(どちらかというと懐疑的?)、
もう藁にもすがる気持ちで頼んでみたのだ。
取り合えず何の勉強もしてないわけなので、ピトケアン博士の本に載ってた
ものを注文。これならちゃんと猫用の処方だし、量も飲ませ方もきちんと
書いてあるので安心かな、と。

まず、「力んでも無駄だったり、ほんの少量しか排出できないネコ」用の
マチン(Nux V)6C。錠剤(砂糖玉にしみ込ませてある)1粒を12時間ごとに
3日間。これで効果がなければ他の方法をさがすこと、となっている。
これをやってみたが効果がなかった。

それではイカ墨(Sepia)30C。
「最も激しくてなかなか治らない便秘のネコ」に。
これは一発勝負。2粒を与えて、後は1ヶ月様子を見なくてはいけないらしい。
果たして効果はあるのだろうか。ドキドキ。

[PR]
by nekomata-ri | 2005-10-10 22:00 | 猫の便秘&アレルギー