ねこまたのまた~り日記

oshirineko.exblog.jp
ブログトップ

摘便のしかた

今日は通院日。
ウンピはいい調子でここ2日出てるので、本当のところ病院に行きたくない。
でもカイカイの方の治療もあるし・・・皮膚の様子を診てもらって
今後の投薬を決めなければならない。
どうせこちびを連れて行かなくてはいけないわけだし・・・。
というわけで嫌がるおしりを連れて行ってきた。

まずはカイカイ。
今のところいい調子、湿疹&カサブタも目立たなくなってきた。
ということで今回はマラセチアの薬をカット、ステロイドも1/2錠を1日置きに
減らすことに。
正直マラセチアの薬をこの段階でカットするのは心配だった。
真菌(カビ)は表面上治ったように見えても、しばらくは投薬が必要だ。
最低1ヶ月は続けないと効果がないと他の病院で言われたこともある。
前回のときも薬をやめたらまたしばらくしてひどくなったし・・・。
(抗真菌剤を使ってはいるがマラセチアは酵母菌なのでまた事情が
 違うのだろうか・・?)
しかしこの薬は腎臓だったか肝臓だったかにけっこうな負担がかかるらしいので
それもまた心配で。
先生に聞くと、おしりの場合マラセチアは舐めることによって起きる2次的な
ものだと思うので、ここまでよくなっていればもう大丈夫だろうとのこと。
とりあえず薬をカットすることになった。

続いて便秘。
おしり、またしても診察台で踏ん張るが出ず。
今のところ徐々にではあるが、順調に出始めてるのでそのままでいいかと思ったが
先生は出してしまった方がいいとおっしゃるし、診察台で踏ん張っているのに
出てないということで不安になってしまい、出してもらうことに。
お尻から指を突っ込んで摘便してもらおうとしたが、便がひっかからない。
腹肉がジャマしてお腹から肛門の方に便を押し出すこともままならず(汗)。
またしても浣腸ということになった。今回は半日入院でなくて、
待合室で待っている間にしてもらえたが。

場合によっては家で摘便した方がいい状況になるかもしれないので
(というか、もう今は2,3日ごとにそういう状況なんだ・・)摘便のしかたを習う。
まず腸に詰まっているウンピを肛門の方に押し出し、おしりからゼリーを塗った指
(グラブをするので、グラブの指にゼリーを塗る)を突っ込み、
ひっかかったウンピを掻き出す・・・・のだが、これがうまく行かない。
まず、ウンピを肛門まで移動できない!腹肉が激しくジャマだ・・・。
指先にウンピの頭が触るものの、それ以上なんとも出来ない。
さらにおしりは骨盤が狭い。人差し指1本が通るのがやっと。
これじゃあウンピをひっかけても指と一緒に通るすきまがない。
ウンピをどろどろにしない限り無理そうだ。
それでも指を入れることによって、刺激でウンピが出るかもしれないということで
グラブとゼリー(キシロカインゼリー)を処方してもらった。

最近病院ダイキライのおしり、診察台の上ではヴーヴーうなりっぱなし、
摘便の時にはシャア!まで繰り出された。
先生は保定していた私に「大丈夫ですか?」と聞いてきた。
最初何のことかわからず「?」な顔をしていたら、「飼い主さんに噛み付く子もいるから」と。
思わず笑いそうになってしまった。おしりはそんなこと絶対しない。
シャア!したって、実際獣医さんにですら噛みついたことなんかない。
それにおしりに噛みつかれたってなんでもない。むしろうれしいくらいだ(笑)。
もちろんちぼりは私にも容赦なく噛み付くから、先生が見当はずれな事を
言ったわけではないのだけれどね。

<本日の診察代>
診察料¥1,050、浣腸処置¥2,100、内服薬(ステロイド)¥735、
キシロカインゼリー¥1,050、グラブ(3本)¥315  合計¥5,250


病院へ行く気配を察して押入れの奥に逃げ込んでました
b0024623_9451717.jpg

[PR]
by nekomata-ri | 2005-10-02 22:59 | 猫の便秘&アレルギー