ねこまたのまた~り日記

oshirineko.exblog.jp
ブログトップ

おしりのコロナウイルス抗体検査結果

掲示板でまるまるさんからいろいろアドバイスを頂いて
早速おしりに「プロバイオテクス」入り飲むヨーグルトを飲ませてみる。
それだけじゃ飲んでくれないので牛乳に混ぜる。
するとアラ不思議!5分後にはトイレへ行った!
飲むヨーグルトが効いたのかしら?たった5分しかたってないけど、
でもニンゲンでも牛乳飲んだ途端トイレに直行!ってヒトいるものね。

トイレからブリブリブリブリ~・・・・という音と激しいニオイ。ああ、下痢なのね。
量が少ないので、もしかしたら便秘ウンピの隙間から漏れてきた下痢ウンピかも。
それだとご本尊様は依然腸のなかで増殖を続けていることになる。
続きが出てくるのを待ったが出ない。うーん、喜んでいいものかどうか。

ま、若干は出たので少しリラックスしてTVでER(今はシリーズXだっけ?)を観ていた。
うーん、この喧騒、まるで今通ってる動物病院みたいだわー・・・
などと思っていたら突然電話が。
え?もう10:30p.m.過ぎてるけど誰から?親に何かあった?
恐る恐る電話に出ると、動物病院からだった。
「おしりちゃんのコロナウイルス抗体検査の結果ですが・・・」
こんな時間に電話してくるなんて、よっぽど悪い数値だったのか。
覚悟を決めて「はい、どうだったでしょうか」と聞くと
「400でした」

・・・。
このビミョーな数値にどう反応していいかリアクションにとまどう私。
100以下でもないし、かといって何千という数値でもない。
もちろん正常値を超えてるわけだからいいわけないけど、こんな夜遅くに電話してくる
から最悪の状況を想像していた私にはちょっと腑抜けの数値。
(今現在おしりが重篤な状態じゃないからこそなんだけど)
獣医さんも「グレイゾーンですね。」とおっしゃる。
とりあえず2ヵ月後に再検査して、抗体値の推移を見ることに。
同居猫の数値も見たほうがいいですかと尋ねると、そこまでしなくてもいいと。

コロナウイルスとFIPについてはだいぶ勉強した(と思う)。
正直、抗体値がいくつでも発症するかもしれないししないかもしれない。
(今現在発症してないとして)
発症のきっかけもわからない(ストレスがよくないとは言われているが)。
どうしようどうしようと悩んでもどうしようもないわけで。
ただ、おしりが常にバクダンみたいなものをお腹に抱えてるということを
頭に入れておくのはいいことかもしれない。
便秘と下痢のくりかえし、精神的にも少し繊細なおしりであるから
普通の猫よりは注意が必要だろう。
でも早めに発症を見つけたとしたって、対症療法しか出来ないわけで。

それからおしりのお腹がまたつまり気味ということを話して
とりあえず抗生剤は中止することに。
ステロイドも中止したいけど言い出せなかった。それはまた今度。

電話をしてきた獣医さんの声の後ろはかなりにぎやか。
この時間にこの病院のスタッフはまだまだ働いてるんだ。
そうだね、午前の診療が全て終わるのが3時(受付は12時までだけど)、
3時からは午後の診療、それもきっと9時や10時まで続くのだろう。
今頃の時間にしか電話するヒマがないということなのね。
電話で連絡してくれたことには感謝。
次回の診察までにアホウな私がいろいろ考えたり調べたりする時間が出来る。
抗生剤のことも相談できたし。


こちびの病院、どうしようか。
今後定期的に、それも頻繁に通わなくてはならなくなることを考えると
もう少し家に近い病院がいいような気がする。
出来れば往診もやっていて、緊急の場合は時間外でも対応してくれるところ。
でも今の病院には腎泌尿器科の先生がいらっしゃる。
どっちがこちびのためにいいのだろう。ああ悩む!
当のこちびは私の悩みなどおかまいなく、いたって元気。
何だか一人で「がうがう」言いながら走りまわったりオモチャにじゃれたり。
あんまり元気だと逆に甲状腺機能亢進症じゃないかと心配になったりして。


そんな格好で寝て、ノド苦しくないの?
b0024623_11531384.jpg

[PR]
by nekomata-ri | 2005-07-12 11:58 | うちの猫