ねこまたのまた~り日記

oshirineko.exblog.jp
ブログトップ

言葉がみつからない

引越後、落ち着いてきてからネット復帰したとき、
ぱいなぽー(shioyebis)さんちのえびすちゃんが旅立ったことを知った。
その美貌にとりことなり、闘病生活を陰ながら応援していた。
お別れの日がこんなに早く来るなんて思いもしなかった。
その日私はヱビスビールを飲み、美貌のえびちゃんを、そしてぽーさんを想って泣いた。

その涙も乾かぬうち、てれじあさんあきら女王が虹の橋へ旅立った。
日記を開いた時、「永眠」という文字が飛び込んできて言葉を失った。
勝手に「あきら女王さまはいつまでも大丈夫」、そう思い込んでた。
激しいショックの後、波のように後から後から悲しみがおしよせる。

苦しみから解放されたえびちゃんとあきら女王。
悲しんではいけないのかもしれない。
それでもやはり悲しい。寂しい。涙がとまらない。

こういう時、かける言葉が見つからない。
どんな言葉も陳腐に思えてしまう。
ああ、あきら女王!えびちゃん!ただただ心のなかで叫ぶ。

[PR]
by nekomata-ri | 2005-07-10 09:53 | 猫全般