ねこまたのまた~り日記

oshirineko.exblog.jp
ブログトップ

病院さがし

ふぅ、ようやく現実の日付に追いついた・・・。

おしりの肩のかゆみがMAX状態なので
いよいよ病院を決めなくてはならなくなった。
っていうか、1ヶ月近くもナニやってんだ!ってカンジなんだが・・・。

ぐずぐずしていたのにはまあいろいろ理由が・・・。
まずは引越し後体調を崩したこと。
それからおしりの便秘もとりあえず近くの病院に行ってヤマをこしたこと。
そして「ここに行きたいなあ」という病院があったのだが、どう考えても遠いこと。

先日その病院に車で行ってみたと日記に書いたが、道が混んでなくて15分かかる。
しかも途中の道はいつも混むので有名な道・・・。ヘタしたら30分以上かかりそう。
車で15分かかるわけだからチャリなんて絶対無理。
自分だけならまだしも7kg近いおしりやちぼりを乗せて・・・・ムリムリ(笑)。
まだ自分では車も運転できないし(いつか運転出来るようになるつもりか!?)
毎回タクシー?
ここは診療代もかなり高そうなんで、ちょっと気持ちがひるんでしまう。(今貧乏だから・・笑)
しかしおしりの肩のかゆみにしても、大阪の病院では原因がわからなかったし、
ちぼりの原因不明の多飲多尿多食のこともある。
やっぱりそれなりの病院に行きたい。
うーん、うーん・・・・・・。

この病院よりは少し近いところ(それでも車が必須)にももう1件よさそうなところがあり、
そちらはHPからメールが出来たので、聞きたいことをいろいろ質問してみた。
大阪の病院でのちぼりの診察のように、何十万も使って結局何もわからない、じゃ
私も悲しいしちぼりもかわいそう。
だからいろいろ聞いてみたのだ。
でも返ってきたメールはかなり冷たい(と私は感じた)ものだった。
どうもいろいろ聞いたことを「(医者としての資質を)疑われてる」とか
「(レベルを)値踏みされてる」とか思われたようだった。
(結果的にはそうなるのかもしれないが)
やっぱり診察前にいろいろ聞くのは失礼なことなんだろうか。
私の聞き方がまずかったのか。(自分ではかなり丁寧に書いたつもりなんだけど)
もうこれで撃沈。ずどーんと落ち込んでしまってそこで手が止まってしまった。

しかし先日reiさんが「転院の時に10軒くらい電話かけた」
「対応の悪いところもあった」とコメントしてくださり、その言葉に後押しされて
電話&知らない人が大の苦手な私も勇気をふりしぼって電話してみた。
(おしりのためならそれくらいのこと何でもないでしょ!!)

最初にかけてみたのは結局最初に行きたいなあと思っていた病院。
電話に出たのは受付専門の方かAHTさんと思われるが、
お忙しいだろうに気持ちよく応対してくださって、いろいろ質問するたびに
いちいち先生に聞きに行ってくださり、丁寧に答えてくださった。
ここはたくさんの獣医さんがいるので、「初診は院長先生が診てくださるのですか?」
と聞くとそうではないという。
継続的な治療はともかく、最初くらいはベテラン先生に診て頂きたい。
ダメもとで「院長先生や副院長先生に診ていただくことは可能ですか」と聞いてみたら
なんと指名もOKだと。
ただし、考えてることは皆同じようで、お二人の予約は1週間前にほぼ埋まってしまうらしい。
特に土日はいっぱいらしい。
え、それじゃあダンナに車で連れてきてもらうというのは無理なわけか。
それにこれから7,8月は学会やセミナーが多く、院長先生や副院長先生は
海外あたり出かけたりしてご不在のことが多いという。
それであせって予約が空いている平日に診ていただくことに。

ありゃ、何件も電話するはずだったのに・・・?
ま、とにかくおしりを連れて行って、それから後のことを考えよう。
おしりを連れて行った時にちぼりのこともチロっと聞いてみようかな。
早いとこ、おしりのデータをまとめなくちゃ(真っ青)。

タクシーはすぐ近所の公共施設に来て貰って、そこから乗ろう。
呼ぶより拾うほうが絶対早いんだけど、拾える道路まで遠い。
でも東京でタクシーって呼べるのかな。
前一度タクシーを呼ぼうとして電話をかけつづけたのにずっと話中で
つながらなかった経験が・・・。だいじょぶかにゃ(不安)?


b0024623_1018096.jpg

[PR]
by nekomata-ri | 2005-07-06 09:12 | うちの猫