ねこまたのまた~り日記

oshirineko.exblog.jp
ブログトップ

猫の消えた街

こちらに戻ってきて変わっていたところはいろいろあるが、
ショックだったのは猫の影が消えてしまったことだった。

以前はマンションの前の一戸建ての家に4,5匹の猫がおり(全てが飼い猫だったか
どうかはわからないが)、猫たちはその家の窓の破れた網戸から出入りしていた。
マンションの駐輪場においてあるバイクの上で昼寝をしている姿がいつも見られた。
それなのに帰ってきたら1匹も見かけない。

駅からの道の途中にも猫たちがたむろしている家があった。
こちらは大半が野良猫だったと思う。
一度ここにたむろしている猫たちに、スーパーからの帰り道に
集団で襲われたことがある。
たぶん餌やりさんと間違えたのだと思うが、数匹が足にからみつき、
こちらの動きを止めたところで他の数匹がスーパーの袋に顔を突っ込み
中にはいっている食べ物を漁ろうとした。
大量の猫に恐れをなした私は、買って来た鶏肉をトレイから出して放り投げ、
猫たちがそちらに気をとられている間にホウホウの体で逃げ出したのだった。
その猫たちがいない。
いや、その家すらなくなっていた。
敷地は広いがちょっと古びていたその家が取り壊され、
なんだかモダーンな家にかわっていた。
庭はタイルで敷き詰められ、月極駐車場になり、猫たちがごろごろしていた
草ぼうぼうの庭ではなくなっていた。

コンビニに行く途中の家もしかり。
猫がいつもうろうろしていたのに、影も形もない。
これは一体どうしたことなのだろうか。
自治体の条例で完全室内飼いを決められ、皆家のなかにいるのだろうか。
それとも・・・。
なんだかいやあな気持ちがする。

猫のいない街。なんて味気ないんだろう。
古い家がいっぱい取り壊されて、大きくて新しい家に変わっている。
でもどんなに庭が広くったって、どんなに洋風の素敵な家だって、
猫がいなければそんなのちっともよくない。
もちろん、ホームレス猫がこの世から消えてなくなればいいと思っている。
でも、皆が室内猫になったから、とはとても思えないのだ。
どこへ行ってしまったの?どこかで元気でいるの?

[PR]
by nekomata-ri | 2005-06-15 17:41 | 猫全般