ねこまたのまた~り日記

oshirineko.exblog.jp
ブログトップ

いざ東京へ!その2

1:30p.m.過ぎ、雨も小ぶりになった大阪を出発。
ケージのなかにはトイレとお水と猫ベッドを設置、ここにはおしりとちぼり。
パニックのこしりはこちびの大型キャリーの上に積んだキャリーにいれる。
バカだね、ケージの中の方が快適なのに。
出発と同時に車の中ではおしりとこしりが盛大に合唱。
つられてこちびも小さく「あん、あーん」と。

実のところ、一番落ち着いていたのはちぼりだった。
病院から連れ帰る時も、パニックになったこしりをケージから出せずに
ちぼりの方を一度キャリーに戻したのだが、キャリーのジッパーがきちんと
閉まっていなかったのか、気づいたらキャリーの外に出ていて
優雅に窓の外を眺めていたのだった。
普段は一番のビビリ屋なのでさぞかし怖がるだろうと思っていたのだが・・。
ケージに戻した後も、猫ベッドにはいって余裕のよっちゃん、
水も飲んでおしっこもして、さらにはウンピも。うう、大物。

高速に入ったと思ったのも束の間、盛大に鳴いていたおしりが
いきなりウンチングスタイルに!
たぶん午前中に下剤をかけられたのがまだ効いてるんだ。
トイレの端っこできばったおしり、見事にウンピを全部トイレの外に・・・。
うう、クッサーイ!
こうして高速に入った途端にサービスエリアに入ることに。
とほほ、前途多難。

小休止の後出発したら、今度はこしりかこちびがおしっこをしたらしく
またしてもかぐわしい香りが・・・。
またまたPAのお世話になる。こんなんで一体いつ東京につけるのだろうか。

しかし最初の30分はギャースギャース鳴いていた猫たちも
疲れたのか大人しくなり、雨もほとんどやんでいい感じにスイスイ進んでいく。
これなら思いのほか早くつけるかも。
ナビに表示された「目的地到着予定」は19:30!いいね、いいねぇ。

と思っていたら静岡に入った途端、どしゃぶりの雨。
車線のラインも見えないほど。
しかもどうもエアコンの調子が悪い!一気に曇ったフロントガラスが
いっこうにクリアにならない。
温度設定を17℃にしてみるが、室内温度は25℃より下がらない。
こわれているらしい。
買ってから今日までエアコンを使わなかったので気づかなかったよ、どよーん。
しかたなくタオルで窓を拭く私・・。
アメ車やイタ車ならいざ知らず、なんでこんな目にあうのかー!

そんなこんなで80km制限の高速を60~80kmでのろのろと進む。
暑いけど窓をほんのすこしでもあけるとものすごい量の雨がふりこんでくる。
さらにしばらく大人しくしていた猫たちがまた騒ぎ始めた。
うう、泣きっ面にハチ、いや猫。
SAにはいって、雨がやまないかとしばらく様子を見るがダメ。
どこをどういじってもエアコンもダメダメ。
おしっこをしていないかとこちびのキャリーを開けると表に出てきた。
ひざの上にのり、「私はここに居るぅ!」という。
そうしてあげたいのはヤマヤマだけど、もしもの時のことを考えると出来ない。
ごめんよ、後少しだから(とは言ってもまだ半分くらいしか来ていないのだが)、と
もう一度キャリーに戻す。

静岡を出て神奈川に入った途端、雨はやんだ。よかった。
あたりはもう薄暗い。でももうすぐだ。がんばろー!
(といっても運転してたのはダンナ一人だけどね)
土曜の夜だったがお天気が悪かったせいか、どこも渋滞はなく
すいすいと都内まで。
高速を降りたらすぐ家。8:24p.m.、無事到着~!
静岡でだいぶ大変な目にあったけど、それでも7時間弱で東京まで。
うーむ、思ったよりけっこう近いかも?

まずはキャリーに入っているこちびとこしりを家にいれ、
その後おしりとちぼりをそれぞれキャリーにうつしてから家へ。
こちびとこしりの様子を見ながら(仲悪いからね)、4匹をキャリーから出す。
おしり、こしり、ちぼりは全く臆することなく点検を開始。
特にこしりは出窓の上、押入れの中と隈なく丹念に見回っている。
逆にこちびはキャリーのドアを開けてあげてもこわがって出てこない。
仕方なく押入れの奥にキャリーごといれ、側にトイレと水・ごはんを設置して
そのままにしておく。
おしりたちはごはんもきっちり食べ、本日はまだ荷物が来ていないので
全員で和室の畳の上で雑魚寝。

[PR]
by nekomata-ri | 2005-06-11 23:56 | うちの猫