ねこまたのまた~り日記

oshirineko.exblog.jp
ブログトップ

引越しの見積もり営業マンを見積もる

引越し業者をさがさねば。
ダンナの会社の人が昆虫系引越し社がよかったと言ってたそうだ。
まずはそこに聞いてみよう。でも一社だけじゃ相場がわからん。
何社か探し、見積もりを取った方がいいのだろうなあ。
しかし、そういうことははっきりいって苦手。
知らないところに電話する、という行為がもうダメ。
その上電話口でたたみかけるようにセールスされたら、(電話を切りたいがために)
その場で「お、お願いします・・」なんて言ってしまいそうだ。
うーむ、うーむ・・・・あ、そうだ、まずはネットで評判のいい業者を探してみよう。

すると今時はネットで見積もりしてくれたり、訪問見積もりの予約が取れたりする
ということがわかった。
ネットで申し込めば、自分から電話しなくても向こうからかけてくれる。
うう、いい時代になったもんだ。
10社くらいまとめて見積もりだしてもらえるサイトなんかもある。
(ただしネット上での見積もりはかなりアバウトなので、その数字を見比べて
 何社かに絞って、さらに訪問見積もりしてもらうというということらしい)

見たところ、大手の未来ロボットのグッズをくれたりする会社やシャノワールな会社は
おまかせパックしかないようであった。
(私がそういうサービスしか見つけられなかっただけかも?)
私はおまかせパックはいやだ。
なぜなら普段整理整頓もしてないし、家具の裏も押入れの中もほこりだらけだから(笑)。
そんな恥ずかしい部分を見られたくない!
よっておまかせパックは頼まないのだ。えへん!

値段もサービスもよさそうなのは、大手よりも中堅どころの会社らしかった。
評判のいいところをピックアップして、何社か見積もりの依頼をしてみた。
家禽系の引越し社は大阪ー東京はカヴァーしてないと断られた。
内臓系引越し社はなんだか信じられないくらい安い値段を提示してきた(怖い)。
お母さんなのかミイラなのかわからない引越し社はいい感じの値段を提示してきたが
やっぱり訪問見積もりしないと正確な数字は出せないということだった。
ダンナの会社の人お勧めの昆虫系はネット見積もりはなくて訪問見積もりのみ。
よってお母さん(ミイラ)と昆虫に訪問見積もりを依頼した。
ダンナの会社の取引先の運送会社も会社の上司から紹介されたので
そちらにも訪問見積もりをお願いすることにし、計3社での競合となった。

まずは昆虫系引越社。
さわやかで押し付けがましくもなく、まあいい感じ。
その上いつもは来訪者があると泡を食って逃げ惑い隠れる猫たちが
(こちびを除いて)誰も隠れない!これってすごいことだ。
こしりなどは営業マンのズボンの匂いをかいだり、
カバンに首を突っ込んで点検までしていた。
(あ、もちろんこしりは即引き離し、その方には謝りましたよ~)
以前NTTの人が回線の不具合を調べに来た時にはずっとカーテンの後ろに隠れ、
その人が帰った後、そぉ~っとカーテンの隙間から顔を出し
「あのヒト、もう帰った?」と恐る恐る聞いてきた猫であるのに。
うーん、こりゃポイント高いっぺ。
ただしお値段も25万円超と高め。(いや、高いのか安いのか知らんけど)
とりあえずは他でも見積もり頼んでるので、と即答は避けてお帰りいただく。

次はダンナの会社の取引先。
ここは基本的には運送会社で、引越専門でないだけにサービス面ではちょっと不安がある。
値段がものすごく安くない限り、使うメリットはないのかも。
と思ってたら、昆虫系より高い値段を表示された。ここはダメか。
でもわざわざ課長さんが来て下さって、しかもその方が中間管理職の悲哀をにじませた
タイプのヒト。うう、私の同情票はそのヒトにどばーっと・・・。

後はお母さんorミイラな会社なのだが、私は実家に帰る用事があって立ち会えない。
ダンナに頼んで実家へ。
実家で疲れることがいっぱい待ってるっていうのに、既に疲れ切ってる私。
大丈夫か?


ベーっだ!
b0024623_19391240.jpg

[PR]
by nekomata-ri | 2005-05-15 22:34 | その他