ねこまたのまた~り日記

oshirineko.exblog.jp
ブログトップ

遺言書を書いてもらおう(書こう)!!

先日新聞の投書欄にこういう感じの話が載っていた。
「夫が亡くなったので夫のお金を金融機関でおそろうとしたら
 法定相続人全員の実印がいるといわれた。
 子供がいない夫婦なので当然全部妻がもらえるのかと思っていたら違ってた。
 調べたら会った事もない人を含め総勢13人もの実印が必要だった」

意外に知らない人が多いようだけど、子供がいない場合、
夫が死んだら自分以外に夫の親も法定相続人になるのだ。
親が亡くなってたらその子、つまり夫の兄弟、兄弟も亡くなってれば甥・姪・・・と
どんどん継承されていく。
(TVで放映されてるような大家族だったりしたら、あわわ・・だな)

親・兄弟だったら猫を何匹もかかえて路頭に迷う寡婦に(あ、これは私だけか?)
「オレにも遺産をよこせ!」とはあんまり言わないと思うけど、
遠い親戚になればなるほど「貰えるものはもらっておこう」って思うかも。
それにただ口でいらないよ、と言われてもだめらしい。
遺産分割協議書にその旨を書いて実印を貰うか、故人の死後3ヶ月以内に
相続放棄をしてもらわないといけないみたいだ。
どちらにしても相手にかなり面倒な手続きを頼むことになるし、
口ではいらないって言われてもやっぱり相続してもらわないとまずいかなとも思ったり
なんかお互いいやな気持ちになりそう。

じゃじゃーん!
そういう時に役立つのが遺言書。
全財産を妻に譲ると一筆書いてもらえば面倒なことはなくなる。
その場合でも親が存命の場合、申し立てをされれば遺留分は払わなくては
ならなくなるが、兄弟には遺留分はない。

遺言は自筆のものでもOKで、ネットで検索すれば書き方の例はいっぱい載っている。
でも私がちょろっと検索しただけでも、いい加減な書き方をしてるサイトがけっこう
あるので要注意!
例えば訂正箇所。ただ「訂正印を押せばいい」だけしか書いてないサイトがあるが
訂正箇所の消し方も決まりがあるし、消して書き足した分の文字数を余白に
書かないといけないとか細かい決まりがあるみたいだ。
(この場合、全文書き直した方が面倒がないということですね)
ほんの少しでもダメなところがあると遺言書と認められなくなるので
きっちり調べた方がいいと思う。
自筆の遺言書は後で裁判所の検認が必要になる。

心配・・・と思う人は公正証書役場で作成してもらったほうがいいかも。
でもこちらは利害関係のない証人二人をひきつれていかねばならないし
お金がけっこうかかる。
(相続する財産の額によって手数料が違うけどだいたい2~5万ってところ?)
行政書士に頼むとさらに高い。

いろいろ書いてるけど、私もまだ遺言書を書いてもらってないし
自分の分も書いてない(^^ゞ
もちろんダンナの親・兄弟の生活が苦しかったり、自分がとても裕福なら
喜んで分配するのだけどね。
でも自分で働いて家庭を持ってるダンナの弟に、ダンナのお金
(これって夫婦二人のお金っていう感覚だもんなあ)を渡すのって
なんか抵抗がある・・・。
甥や姪にならまた違うだろうけど。
しかしさらにその子供とかになったらどうだろうかなあ。
たいして親しくない人たちだと遺産分配協議に集まってもらうだけでも
大変な作業になりそう。
あれ?分配するのが当然?全部自分で欲しい私は強欲かしら(笑)?


私のごはん分は確保しておいてくださいよ
b0024623_1248287.jpg


アタチが死んでもこちびには遺産はやらにゃい・・
b0024623_12494674.jpg

[PR]
by nekomata-ri | 2005-04-07 12:07 | その他