ねこまたのまた~り日記

oshirineko.exblog.jp
ブログトップ

父施設に入所

土曜日から実家へ。
ダンナが午後から日曜にかけては休みなので猫たちはダンナに頼んだ。
弟もようやく北海道から来てくれて、土曜はいろいろな打ち合わせ。
それから夜中までかかって印鑑を探しまわってようやく見つけた!
はぁ、よかった。

日曜には父を退院させて施設へ。
施設は住宅街に建つ、かなり大き目の一戸建て住宅のように見えた。
まだ出来たばかりなので新しくてきれいで設備も整っている。
部屋も個室でかなり広い。入所人数も少なく、アットホームな感じ。
施設のスタッフは「私が住みたいくらいいいところです」などと言う。

いきなりの引越しに父はとまどうでもなく、私達が身の回りのものを整理したり
スタッフと打ち合わせしているのをただぼーっと見ているだけだった。
入院していきなりボケたのなら、家に戻せば元にもどるかもと
何度か叔父と一緒に病院から外出許可をもらって連れ帰ってみた事もあったが
元に戻ることはなかった。
だからこれが最善の方法なのだと自分に言い聞かせる。
それでも帰る時一緒についてこようとする父に涙が出そうになった。

今日は社会保険庁や銀行や郵便局めぐり。
まだ全てが片付いたわけではないけれど、だいたいのメドはたった。

家に帰ると玄関で全員(こちび除く)がお出迎え。
特におしりは甘えて甘えてしようがない・・・うううう、全ての疲れがふっとんだ。
いつもおしりは私の気持ちをわかってくれる。

だんなはこちびと土日をずっとベッドの中ですごしたらしく、
「オレとこちびはとっても仲良くなった」と自慢げ。
それからごはんをあげることによって、猫たちが足元にすりすりしてくる
快感も知ったようだ。
これを機にもっと(ネ)子育てに参加してくれないかなあ。

実家の近くのスーパーの駐車場で見かけた看板。
田舎を実感
b0024623_174074.jpg

[PR]
by nekomata-ri | 2005-02-28 16:23 | 介護しない介護日誌