ねこまたのまた~り日記

oshirineko.exblog.jp
ブログトップ

こちび

父は既に一人で暮らすのは無理な状態。
しかし今現在は兄弟の誰も父を引き取れる状況ではない。
状況が変わるまで病院か施設でお世話になるしかない。
(あるいはずっと施設にお世話になるか)

するとこちびはどうするか。
一時預かりではなくて家族として迎えなければ。
うちはなにしろペット不可の上に、狭い部屋に既に3にゃんがぎゅうぎゅう詰めに
生活している。
さらにこしりの超スーパー排他的な性格を考えると・・・。

姉と弟に打診するもあっさり断られた。
「放し飼い猫なんだから放っておけば野良として生きていくでしょ」
という冷たい言葉。
お前ら遺棄は30万以下の罰金だぞー!
というかそれより放し飼いとはいえ家の中で眠り、お刺身など食べて生活
していた猫が簡単にノラになれるわけもないじゃないか。
野良になればご近所にだって迷惑をかけることになる。

しかし無理矢理この兄弟にこちびを押し付けたとしても
到底まともな面倒は見てもらえないのではないか。
こちびはもう10歳を超える、それなりのケアが必要な猫だ。
うーんうーん・・・。

今後どうするかはさておき、とにかくまずは本猫を捕まえなくては。
このまま捕まらなかったらずっと2,3日おきに
片道3時間以上かけてごはんを置きに行かなくてはならないことになる。
しかし捕まったとしても、ずっと外を歩き回っていた子が
うちの狭いマンションになじんでくれるだろうか。
こしりはどうなるだろうか。
捕まっても捕まらなくても問題は山積みなんだ。

[PR]
by nekomata-ri | 2005-02-08 22:57 | うちの猫