ねこまたのまた~り日記

oshirineko.exblog.jp
ブログトップ

おしり、12回目の誕生日

b0024623_10514051.jpg今日1月29日はおしりの12回めの誕生日。といっても私がおしりの本当の誕生日も年齢も知っているはずもなく。

1月29日はおしりがうちに来た日。
21日に公園で病気のおしりと出会ってから毎日様子を見ていたが、日に日に悪くなっていくようなおしりに耐えられず病院に連れて行った。そしてやむなく家に連れ帰った。それが29日。だからその日をおしりの誕生日にした。

年齢は・・・実のところ全くわからない。
「若くはない」ということしか。
猫というものは年齢がわかりづらいものらしい。
歯を見ればある程度わかるらしいのだが、肝心の歯がほとんどなかった。
(1本でもあればわかるのか?)
最初の病院では5~10歳、次の病院では軽く10歳を超えてると言われた。
(5歳から10歳って、5歳と10歳じゃ天と地くらい違うと思うんだが)
おしりの様子を見るに、どう考えても5,6歳の猫とは思えなかった。
しゃがみこむ時の「よっこらしょ」という感じ、顔の毛の感じ、爪の割れ方、
1日中寝ている姿、どれをとっても老猫のそれだった。
よって、うちに来た2003年1月29日を10歳とすることにしたのだ。

せっかくの誕生日だというのにおしりはこたつにこもりっきり。
ようやく夕方出てきたので、ぱっくんから貰ったお花と
まぐろのお刺身と生の鶏ささみでお祝い。
「んふぅー」と満足げなオシ様。
そのおしりを見てさらに満足な私~。

お誕生日だというのに某サイトのエッセイでいぢめられたおしりだけど
まあ目出度い日だから目をつむることにいたしましょう。
(あの中で一番カコイイのはおしりだよね?ね?


ぱっくんからもらったの、フンフンいい匂い
b0024623_11124915.jpg


   なんニャ、これ・・・                        てしてしっ!b0024623_1114193.jpgb0024623_11144160.jpg
[PR]
by nekomata-ri | 2005-01-29 22:35 | うちの猫