ねこまたのまた~り日記

oshirineko.exblog.jp
ブログトップ

ライナスの毛布

冬になると猫用ブランケットを出し、猫が落ち着く場所あちこちに置く。
これは布団屋で買ったもので、切れ端で作った70x48cmの小さい毛布。
アクリル製なので簡単に洗えてすぐ乾き、
しょっちゅうウンピで汚してしまうおしりにはもってこい。
(静電気の面ではあまりよくない代物かもしれないが)

はぎれで作ったものなので、いろんな色や質があり、
ビロードのように滑らかなもの、もこもこしたもの、様々。
そのなかでこしりのお気に入りの毛布がある。
毛足が長めでしっとりしている水色の毛布。
こしりはこの毛布の上でだけ「踏み踏み」をする。
眠くなるとその毛布の上に乗り、神妙なおももちでフミフミ・・・。
グーパーグーパー、手を握ったり開いたり、爪を出したりひっこめたり。
ゴロゴロいいながらも、思わず笑ってしまうほどの真面目顔。
なぜだか他のところでは、絶対にやらない。他の毛布の上でもしない。
この毛布の毛足が親を思い起こさせるのだろうか。
こしりにとって大事な大事な毛布。


b0024623_1149351.jpgb0024623_1150139.jpg

[PR]
by nekomata-ri | 2005-01-11 19:10 | うちの猫